日本インターネット映画大賞

第17回(2012年)日本インターネット映画大賞結果

日本映画部門
  • 作品賞(ベストテン)
    1位104点桐島、部活やめるってよ
    2位93点鍵泥棒のメソッド
    3位87点おおかみこどもの雨と雪
    4位83点ヒミズ
    5位59点ロボジー
    6位55点のぼうの城
    7位53点ポテチ
    8位49点夢売るふたり
    9位45点麒麟の翼 ~劇場版・新参者~
    この空の花 長岡花火物語
  • 監督賞8票
    • 園子温
      「ヒミズ」「希望の国」
    • 細田守
      「おおかみこどもの雨と雪」
  • 主演男優賞9票
    • 染谷将太
      「ヒミズ」
  • 主演女優賞8票
    • 二階堂ふみ
      「悪の教典」「ヒミズ」
  • 助演男優賞6票
    • 山田孝之
      「その夜の侍」「のぼうの城」「悪の教典」
  • 助演女優賞7票
    • 安藤サクラ
      「愛と誠」「かぞくのくに」「その夜の侍」
    • 広末涼子
      「鍵泥棒のメソッド」
  • ニューフェイスブレイク賞7票
    • 能年玲奈
      「グッモーエビアン!」「カラスの親指」
    • 橋本愛
      「アナザー Another」「HOME 愛しの座敷わらし」「ツナグ」「桐島、部活やめるってよ」
  • 音楽賞7票
    • 愛と誠
  • ブーイングムービー賞5票
    • 貞子3D
  • 投票者数ランキング24人
    • 桐島、部活やめるってよ
  • 思い入れ度ランキング6.429点
    • この空の花 長岡花火物語
  • アニメ賞
    • おおかみこどもの雨と雪
外国映画部門
  • 作品賞(ベストテン)
    1位88点レ・ミゼラブル
    2位61点アーティスト
    3位60点007 スカイフォール
    4位59点アルゴ
    5位57点最強のふたり
    6位49点ヒューゴの不思議な発明
    7位44点ダークナイト ライジング
    8位43点ドラゴン・タトゥーの女
    9位42点ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
    10位39点戦火の馬
  • 監督賞8票
    • ベン・アフレック
      「アルゴ」
  • 主演男優賞7票
    • ヒュー・ジャックマン
      「リアル・スティール」「レ・ミゼラブル」
  • 主演女優賞6票
    • メリル・ストリープ
      「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」
  • 助演男優賞5票
    • ハビエル・バルデム
      「007 スカイフォール」
  • 助演女優賞14票
    • アン・ハサウェイ
      「レ・ミゼラブル」「ダークナイト ライジング」
  • ニューフェイスブレイク賞3票
    • トーマス・ホーン
      「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
    • ルーニー・マーラ
      「ドラゴン・タトゥーの女」
  • 音楽賞11票
    • レ・ミゼラブル
  • ブーイングムービー賞4票
    • ダークナイト ライジング
  • 投票者数ランキング18人
    • アーティスト
    • レ・ミゼラブル
  • 思い入れ度ランキング4.889点
    • レ・ミゼラブル
  • アニメ賞
    • フランケンウィニー

日本映画作品賞

有効投票数:54票
1位104点桐島、部活やめるってよ
2位93点鍵泥棒のメソッド
3位87点おおかみこどもの雨と雪[☆アニメ賞受賞]
4位83点ヒミズ
5位59点ロボジー
6位55点のぼうの城
7位53点ポテチ
8位49点夢売るふたり
9位45点麒麟の翼 ~劇場版・新参者~
この空の花 長岡花火物語
11位41点るろうに剣心
12位38点かぞくのくに
13位37点テルマエ・ロマエ
14位33点愛と誠
あなたへ
キツツキと雨
17位28点任侠ヘルパー
18位27点悪の教典
19位23点苦役列車
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語
21位21点宇宙兄弟
北のカナリアたち
23位19点外事警察 その男に騙されるな
僕達急行 A列車で行こう
わが母の記
26位18点しあわせのパン
27位16点映画 ひみつのアッコちゃん
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
30位15点その夜の侍
終の信託
32位14点ALWAYS 三丁目の夕日64
希望の国
天地明察
35位13点黄金を抱いて翔べ
カラスの親指
37位12点アウトレイジ ビヨンド
ももへの手紙
39位11点SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者
隣る人
41位10点ステキな金縛りONCE IN A BLUE MOON
42位9点ツナグ
DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る
44位8点宇宙戦艦ヤマト2199/第三章 果てしなき航海
グッモーエビアン!
KOTOKO
DON’T STOP! ドント・ストップ!
ヘルタースケルター
山下達郎 シアター・ライヴ/PERFORMANCE 1984-2012
50位7点生きてるものはいないのか
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言
聴こえてる、ふりをしただけ
54位5点SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム
一枚のハガキ
演劇1
演劇2
サウダーヂ
セイジ -陸の魚-
千年の愉楽
ニッポンの嘘~報道写真家 福島菊次郎90歳~
フタバから遠く離れて
BRAVE HEARTS 海猿
ヘヴンズ ストーリー
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s
66位4点009 RE:CYBORG
11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち
39窃盗団(サンキューせっとうだん)
青いソラ白い雲
大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 5 黒いユニコーン
臍帯
シグナル~月曜日のルカ~
綱引いちゃった!
虹色ほたる ~永遠の夏休み~
FASHION STORY
二つの祖国で 日系陸軍情報部
Playback
プレイヤーズ!!
毎日がアルツハイマー
ミロクローゼ
82位3点I’M FLASH!
荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE
ヴァンパイア
映画 けいおん!
カミハテ商店
グスコーブドリの伝記
人生、いろどり
戦争と一人の女
東京家族
ドットハック セカイの向こうに
ふがいない僕は空を見た
へんげ
闇金ウシジマくん
ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット
96位2点311
宇宙戦艦ヤマト2199/第二章 太陽圏の死闘
EDEN
死刑弁護人
先生を流産させる会
はやぶさ 遥かなる帰還
friends もののけ島のナキ
ペンギン夫婦の作りかた
臨場 劇場版
聯合艦隊司令長官 山本五十六
106位1点アジアの純真
新しい靴を買わなくちゃ
アフロ田中
映画 紙兎ロぺ ~つか、夏休みラスイチってマジっすか!?~
海燕ホテル・ブルー
怪談新耳袋 異形
季節、めぐり それぞれの居場所
劇場版FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-
こっぴどい猫
ジョーカーゲーム
タマフル THE MOVIE~暗黒街の黒い霧~
ねらわれた学園
ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略
ライク・サムワン・イン・ラブ
琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
私の奴隷になりなさい

 1位は吉田大八監督の「桐島、部活やめるってよ」が獲得しました。先月直木賞を受賞されたばかりの朝井リョウさんの処女作を原作とした作品です。朝井さんは、映画化作品の受賞という間接的な受賞を含め2ヶ月連続で受賞されたことになります。
 また2位には内田けんじ監督の「鍵泥棒のメソッド」が入りました。「運命じゃない人」「アフタースクール」と意欲的な作品を発表し続けてきましたが、今後もますますの活躍が期待できそうです。
 なお今年新設したアニメ賞には「おおかみこどもの雨と雪」が受賞しました。細田守監督は監督賞とのダブル受賞です。

日本映画監督賞

1位8票園子温「ヒミズ」「希望の国」
細田守「おおかみこどもの雨と雪」
3位5票大林宣彦「この空の花 長岡花火物語」
4位3票矢口史靖「ロボジー」
5位2票内田けんじ「鍵泥棒のメソッド」
大友啓史「るろうに剣心」
西谷弘「任侠ヘルパー」
三池崇史「悪の教典」
若松孝二「千年の愉楽」「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」
10位1票犬童一心、樋口真嗣「のぼうの城」
沖田修一「キツツキと雨」
川村泰祐「映画 ひみつのアッコちゃん」
小橋賢児「DON’T STOP! ドント・ストップ!」
阪本順治「北のカナリアたち」
新藤兼人「一枚のハガキ」
新房昭之「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語」「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語」
すずきじゅんいち「二つの祖国で 日系陸軍情報部」
想田和弘「演劇1」「演劇2」
滝田洋二郎「天地明察」
武内英樹「テルマエ・ロマエ」
出渕裕「宇宙戦艦ヤマト2199/第二章 太陽圏の死闘」「宇宙戦艦ヤマト2199/第三章 果てしなき航海」
西川美和「夢売るふたり」
降旗康男「あなたへ」
三島有紀子「しあわせのパン」
三宅唱「Playback」
森田芳光「僕達急行 A列車で行こう」
ヤン・ヨンヒ「かぞくのくに」
吉田大八「桐島、部活やめるってよ」

 「ヒミズ」「希望の国」の2作品で票を集めた園子温監督と、「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が1位に輝きました。おめでとうございます!!
 ということで1位は2名同率となりましたが、作品賞での1~2位ではなく3~4位の演出者が受賞しました。
 園子温監督は昨年にひきつづき2年連続の受賞です。映画業界が主催する賞では候補にさえ挙げられることがない同監督も、コアな映画ファンの間では非常に人気を博しており、実力は文句なく認められています。
 細田守監督はアニメ賞も受賞し、また過去には2009年に「サマーウォーズ」で作品賞を制覇しましたが、アニメ作品で監督賞を受賞するのは珍しく、今後の活躍にも大いに期待できます。
 2人とも初受賞ではないということで、今回は実力派の勝利といえるでしょう。

日本映画主演男優賞

1位9票染谷将太「ヒミズ」
2位7票阿部寛「カラスの親指」「テルマエ・ロマエ」「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
3位5票森山未來「苦役列車」「セイジ -陸の魚-」
4位4票野村萬斎「のぼうの城」
5位3票伊藤英明「悪の教典」
草彅剛「任侠ヘルパー」
濱田岳「ポテチ」「ロボジー」
8位2票井浦新「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」「かぞくのくに」
佐藤健「るろうに剣心」
高倉健「あなたへ」
妻夫木聡「黄金を抱いて翔べ」「愛と誠」
夏八木勲「希望の国」
山田孝之「ミロクローゼ」「その夜の侍」
渡部篤郎「外事警察 その男に騙されるな」
15位1票阿部サダヲ「夢売るふたり」
岡田准一「天地明察」
西田敏行「ステキな金縛りONCE IN A BLUE MOON」
ミッキー・カーチス「ロボジー」

 計23名のノミネートの中で染谷将太さんが阿部寛さんを抑えて主演男優賞を獲得しました。
 これまで子役時代から12年のキャリアがありますが、染谷将太さんを一躍有名にした「ヒミズ」での迫真の演技は多くの人に焼き付いて離れなかったと思います。
 今年は決まっているだけで9作品の出演作品があるだけに今後の活躍がさらに期待されます。
 惜しくも2位になった阿部寛さんも3作品ともインパクトある演技を披露してくれましたし、
 昨年主演男優賞を獲得した森山未來さんも安定した演技を見せてくれただけに来年度も混戦が予想されます。

日本映画主演女優賞

1位8票二階堂ふみ「悪の教典」「ヒミズ」
2位7票沢尻エリカ「ヘルタースケルター」
3位6票松たか子「夢売るふたり」
4位3票菅野美穂「大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]」
樹木希林「わが母の記」
吉永小百合「北のカナリアたち」
7位2票綾瀬はるか「映画 ひみつのアッコちゃん」
安藤サクラ「かぞくのくに」
宮崎あおい「おおかみこどもの雨と雪」「天地明察」
10位1票猪股南「この空の花 長岡花火物語」
江口のりこ「戦争と一人の女」
木村文乃「ポテチ」
草刈民代「終の信託」
小池栄子「ペンギン夫婦の作りかた」
Cocco「KOTOKO」
高橋惠子「カミハテ商店」
田中裕子「あなたへ」
田畑智子「ふがいない僕は空を見た」
戸田恵梨香「劇場版 SPEC~天~」
橋本愛「桐島、部活やめるってよ」
原田知世「しあわせのパン」
安田成美「任侠ヘルパー」
吉高由里子「ロボジー」

 2011年のニューフェイスブレイク賞を受賞した二階堂ふみさんが2012年の主演女優賞に輝きました。この流れは、ある意味本当に喜ばしいものがありますね。
 また主演男優賞を受賞した染谷将太さんとの共通点が多く、「ヒミズ」での受賞だったこと、そして同作品でヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞に相当)を同時に受賞したこと、そして映画好きで雑誌のインタビューをいっしょに受けて鑑賞した映画の感想を述べあうなど、これからも名優としてだけでなく盟友としても活躍していきそうな感じです。
 次点は沢尻エリカさん。そして3位には松たか子さんが続きます。
 いずれの作品も癖のあるヒロインで、演じる方の力量が試されるようなものでしたが、それぞれ見事に演じきっていらっしゃいました。

日本映画助演男優賞

1位6票山田孝之「その夜の侍」「のぼうの城」「悪の教典」
2位4票香川照之「鍵泥棒のメソッド」
3位3票伊原剛志「愛と誠」
大沢たかお「終の信託」
森山未來「北のカナリアたち」「苦役列車」「ALWAYS 三丁目の夕日64」
6位2票大泉洋「グッモーエビアン!」「しあわせのパン」
佐藤浩市「のぼうの城」「あなたへ」
松重豊「アウトレイジ ビヨンド」
村上ショージ「カラスの親指」
10位1票新井浩文「その夜の侍」「ヘルタースケルター」
大滝秀治「あなたへ」
小栗旬「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」
風間俊介「任侠ヘルパー」
上地雄輔「のぼうの城」
吉川晃司「るろうに剣心」
窪田正孝「ふがいない僕は空を見た」
堺雅人「鍵泥棒のメソッド」
笹野高史「僕達急行 A列車で行こう」
染谷将太「悪の教典」
高岡蒼佑「千年の愉楽」
高橋努「その夜の侍」
堤真一「宇宙兄弟」
中井貴一「ステキな金縛りONCE IN A BLUE MOON」「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
夏八木勲「希望の国」
濱田岳「ロボジー」
林遣都「闇金ウシジマくん」
東出昌大「桐島、部活やめるってよ」
前野朋哉「桐島、部活やめるってよ」
ヤン・イクチュン「かぞくのくに」
渡辺哲「ヒミズ」

 香川さんのカメレオンぶりは、今ではもうあたりまえですが、彼に続くカメレオン俳優は、山田孝之さんなのでしょう。そんな、どんな顔にもなれる俳優が1位2位と続く結果になりました。
 3位には伊原剛志さんと森山未來さんがが続きます。若手が育って助演男優を印象深く演じて、映画ファンに注目されていくのは、時が確実に流れていることを如実に語っていますね。
 上位には至りませんでしたが、大滝秀治さんが、遺作の『あなたへ』でランキングに入っているのを見て、これが最後なんだと一抹の寂しさを感じました。

日本映画助演女優賞

1位7票安藤サクラ「愛と誠」「かぞくのくに」「その夜の侍」
広末涼子「鍵泥棒のメソッド」
3位6票樹木希林「わが母の記」「ツナグ」
4位3票橋本愛「貞子3D」「HOME 愛しの座敷わらし」「アナザー Another」「桐島、部活やめるってよ」「ツナグ」
5位2票吉高由里子「ロボジー」
6位1票「映画 妖怪人間ベム」
江原由夏「夢売るふたり」
大野いと「ツナグ」
夏帆「任侠ヘルパー」
坂本真綾「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
佐々木希「アフロ田中」
鈴木砂羽「夢売るふたり」
大後寿々花「桐島、部活やめるってよ」
田中裕子「あなたへ」
田畑智子「ふがいない僕は空を見た」
寺島しのぶ「ヘルタースケルター」
二階堂ふみ「ヒミズ」「悪の教典」
能年玲奈「カラスの親指」「グッモーエビアン!」
原田知世「しあわせのパン」
富司純子「人生、いろどり」
ベッキー「エイトレンジャー」
本仮屋ユイカ「僕等がいた 前篇」「僕等がいた 後篇」
前田敦子「苦役列車」
真木よう子「外事警察 その男に騙されるな」
松坂慶子「綱引いちゃった!」
松たか子「夢売るふたり」
宮崎美子「かぞくのくに」
桃井かおり「ヘルタースケルター」
薬師丸ひろ子「ALWAYS 三丁目の夕日64」
りりィ「任侠ヘルパー」

 計30名がノミネートし大混戦となりましたがその中で抜け出した安藤サクラさんと広末涼子さんが樹木希林さんを抑えて同時受賞いたしました。
 安藤サクラさんはこれまでも脇役として存在感ある演技を披露し、愛と誠では主役よりもインパクトある演技で魅了しました。
 広末涼子さんは鍵泥棒のメソッドでの婚活女性をリアルに演じたのが評価されての受賞となり、当映画大賞では1999年の主演女優賞獲得以来13年ぶり3度目の当映画大賞での部門賞獲得となりました。

日本映画ニューフェイスブレイク賞

1位7票能年玲奈「グッモーエビアン!」「カラスの親指」
橋本愛「アナザー Another」「HOME 愛しの座敷わらし」「ツナグ」「桐島、部活やめるってよ」
3位5票東出昌大「桐島、部活やめるってよ」
4位4票二階堂ふみ「ヒミズ」「悪の教典」
5位2票三根梓「シグナル~月曜日のルカ~」
6位1票猪股南「この空の花 長岡花火物語」
柄本佑「大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]」
大島優子「闇金ウシジマくん」
大野百花「おおかみこどもの雨と雪」
木村文乃「ポテチ」
窪田正孝「るろうに剣心」「ふがいない僕は空を見た」「はさみ」
斎藤工「愛と誠」
菅田将暉「王様とボク」
染谷将太「ヒミズ」「ALWAYS 三丁目の夕日64」
染谷将太&二階堂ふみ「ヒミズ」
高梨臨「生きてるものはいないのか」
武井咲「るろうに剣心」
壇蜜「私の奴隷になりなさい」
徳井義実「莫逆家族 バクギャクファミーリア」
前田敦子「苦役列車」
マキタスポーツ「苦役列車」
松坂桃李「ツナグ」
森星「青いソラ白い雲」

 計23名のノミネートの中で能年玲奈さんと橋本愛さんが同時受賞となりました。
 能年玲奈さんは2010年の「告白」で映画デビューしてから本数こそ多くありませんでしたが、「カラスの親指」で存在感ある演技が評価されての受賞となりました。
 橋本愛さんは2010年度の作品賞1位に輝いた「告白」でニューフェイスブレイク賞2位になっていますが、今回は作品賞1位となった「桐島、部活やめるってよ」を始め数多くの話題作に出演し見事にブレイクを果しました。
 能年玲奈さんと橋本愛さんは共演した「告白」をキッカケにブレイクを果たして2人の活躍に期待したいと思いますし、
 今回の受賞は能年玲奈さんがニューフェイス賞として、橋本愛さんがブレイク賞として受賞という認識が1番ピッタリなのかもしれません。

日本映画音楽賞

1位7票「愛と誠」
2位4票「おおかみこどもの雨と雪」
3位3票「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」
4位2票「任侠ヘルパー」
「山下達郎 シアター・ライヴ/PERFORMANCE 1984-2012」
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
7位1票「アウトレイジ ビヨンド」
「悪の教典」
「宇宙戦艦ヤマト2199」
「映画 けいおん!」
「外事警察 その男に騙されるな」
「北のカナリアたち」
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 5 黒いユニコーン」
「希望の国」
「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語」
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語」
「サウダーヂ」
「39窃盗団(サンキューせっとうだん)」
「しあわせのパン」
「ツナグ」
「中島みゆきLIVE&PV 歌姫 劇場版」
「放課後ミッドナイターズ」
「ミロクローゼ」
「るろうに剣心」

 『愛と誠』が、まさかの昭和歌謡ショー仕立ての構成でしかも、選曲がうまいっという技ありで2012年の音楽賞1位を受賞しました。
 去年の音楽賞受賞作『モテキ』に続き、演出に音楽が重要な意味を担っている点が共通していますね。

日本映画ブーイングムービー賞

1位5票「貞子3D」
2位2票「アナザー Another」
「エイトレンジャー」
「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」
「北のカナリアたち」
「月光ノ仮面」
7位1票「愛を歌うより俺に溺れろ!」
「悪の教典」
「新しい靴を買わなくちゃ」
「UNDERWATER LOVE -おんなの河童-」
「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」
「希望の国」
「桐島、部活やめるってよ」
「劇場版 私立バカレア高校」
「劇場版テンペスト3D」
「その夜の侍」
「終の信託」
「綱引いちゃった!」
「のぼうの城」
「ヘルタースケルター」
「僕達急行 A列車で行こう」
「レンタネコ」
「ロボジー」
「ワイルド7」
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

 1位は『貞子3D』でした。
 始球式など目を惹く宣伝活動は面白かった反面、肝心の映画は貞子の怖くなさ加減にがっかりの声多数・・・。
 せっかくのホラー名物キャラの新作でありましたね。
 外国映画部門での同賞受賞作である「ダークナイト ライジング」との共通点は、シリーズ作品中に大傑作が存在したことが挙げられます。
 作品としての質もさることながら、その過去作品との比較から落差を感じた方が多かったからではないでしょうか。
 本作についても過去の"貞子"について言及される方が多く、ハリウッドでリメイクまでされた「リング」がいかに質の高い作品であったかを再認識させられました。

日本映画投票者数ランキング

得点に関係なく、投票者数だけで決定するランキングです。
1位24人桐島、部活やめるってよ
2位21人おおかみこどもの雨と雪
3位20人鍵泥棒のメソッド
4位18人ヒミズ
5位15人ロボジー
6位13人のぼうの城
ポテチ
8位12人夢売るふたり
9位11人るろうに剣心
10位10人かぞくのくに
テルマエ・ロマエ
12位9人キツツキと雨
麒麟の翼 ~劇場版・新参者~
14位8人悪の教典
あなたへ
外事警察 その男に騙されるな
17位7人この空の花 長岡花火物語
僕達急行 A列車で行こう
わが母の記
20位6人愛と誠
苦役列車
終の信託
23位5人アウトレイジ ビヨンド
宇宙兄弟
ALWAYS 三丁目の夕日64
北のカナリアたち
希望の国
その夜の侍
任侠ヘルパー
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
31位4人映画 ひみつのアッコちゃん
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
カラスの親指
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語
SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者
ヘルタースケルター
37位3人聴こえてる、ふりをしただけ
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語
しあわせのパン
ツナグ
天地明察
DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る
ももへの手紙
44位2人生きてるものはいないのか
黄金を抱いて翔べ
大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]
グッモーエビアン!
KOTOKO
臍帯
セイジ -陸の魚-
隣る人
虹色ほたる ~永遠の夏休み~
ニッポンの嘘~報道写真家 福島菊次郎90歳~
ふがいない僕は空を見た
BRAVE HEARTS 海猿
ミロクローゼ
57位1人311
009 RE:CYBORG
11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち
39窃盗団(サンキューせっとうだん)
SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム
I’M FLASH!
青いソラ白い雲
アジアの純真
新しい靴を買わなくちゃ
アフロ田中
荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE
一枚のハガキ
ヴァンパイア
宇宙戦艦ヤマト2199/第三章 果てしなき航海
宇宙戦艦ヤマト2199/第二章 太陽圏の死闘
映画 紙兎ロぺ ~つか、夏休みラスイチってマジっすか!?~
映画 けいおん!
EDEN
演劇1
演劇2
鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言
海燕ホテル・ブルー
怪談新耳袋 異形
カミハテ商店
季節、めぐり それぞれの居場所
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 5 黒いユニコーン
グスコーブドリの伝記
劇場版FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-
こっぴどい猫
サウダーヂ
シグナル~月曜日のルカ~
死刑弁護人
ジョーカーゲーム
人生、いろどり
ステキな金縛りONCE IN A BLUE MOON
先生を流産させる会
戦争と一人の女
千年の愉楽
タマフル THE MOVIE~暗黒街の黒い霧~
綱引いちゃった!
東京家族
ドットハック セカイの向こうに
DON’T STOP! ドント・ストップ!
ねらわれた学園
はやぶさ 遥かなる帰還
FASHION STORY
二つの祖国で 日系陸軍情報部
フタバから遠く離れて
Playback
プレイヤーズ!!
friends もののけ島のナキ
ヘヴンズ ストーリー
ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略
ペンギン夫婦の作りかた
へんげ
毎日がアルツハイマー
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s
山下達郎 シアター・ライヴ/PERFORMANCE 1984-2012
闇金ウシジマくん
ライク・サムワン・イン・ラブ
琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ
臨場 劇場版
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
聯合艦隊司令長官 山本五十六
私の奴隷になりなさい
ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット


日本映画思い入れ度ランキング

総得点を投票者数で割った一人あたりの平均得点(思い入れ度)ランキングです。(5票以上限定)
1位6.429 (45/7)この空の花 長岡花火物語
2位5.600 (28/5)任侠ヘルパー
3位5.500 (33/6)愛と誠
4位5.000 (45/9)麒麟の翼 ~劇場版・新参者~
5位4.650 (93/20)鍵泥棒のメソッド
6位4.611 (83/18)ヒミズ
7位4.333 (104/24)桐島、部活やめるってよ
8位4.231 (55/13)のぼうの城
9位4.200 (21/5)宇宙兄弟
(21/5)北のカナリアたち
11位4.143 (87/21)おおかみこどもの雨と雪
12位4.125 (33/8)あなたへ
13位4.083 (49/12)夢売るふたり
14位4.077 (53/13)ポテチ
15位3.933 (59/15)ロボジー
16位3.833 (23/6)苦役列車
17位3.800 (38/10)かぞくのくに
18位3.727 (41/11)るろうに剣心
19位3.700 (37/10)テルマエ・ロマエ
20位3.667 (33/9)キツツキと雨
21位3.375 (27/8)悪の教典
22位3.200 (16/5)ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
23位3.000 (15/5)その夜の侍
24位2.800 (14/5)ALWAYS 三丁目の夕日64
(14/5)希望の国
26位2.714 (19/7)僕達急行 A列車で行こう
(19/7)わが母の記
28位2.500 (15/6)終の信託
29位2.400 (12/5)アウトレイジ ビヨンド
30位2.375 (19/8)外事警察 その男に騙されるな

 作品賞では9位に終わった「この空の花 長岡花火物語」が、2位を引き離す形で1位を獲得しました。大ベテランの大林宣彦監督が久々にメガホンを取った作品ですが、新潟県長岡を舞台にしたいわゆるご当地映画です。このような作品が受賞するのはめずらしく、質の高い作品であることを証明してくれました。

外国映画作品賞

有効投票数:55票
1位88点レ・ミゼラブル
2位61点アーティスト
3位60点007 スカイフォール
4位59点アルゴ
5位57点最強のふたり
6位49点ヒューゴの不思議な発明
7位44点ダークナイト ライジング
8位43点ドラゴン・タトゥーの女
9位42点ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
10位39点戦火の馬
11位34点ミッドナイト・イン・パリ
12位30点アベンジャーズ
ロボット[(完全版)への投票2名2点を含む]
14位28点シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
15位27点ドライヴ
16位25点ホビット 思いがけない冒険
17位23点ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
18位22点マイウェイ 12,000キロの真実
19位21点桃(タオ)さんのしあわせ
20位20点私が、生きる肌
21位18点サニー 永遠の仲間たち
22位17点宇宙人ポール
おとなのけんか
24位16点J・エドガー
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
26位15点裏切りのサーカス
人生の特等席
マリリン 7日間の恋
29位13点アニマル・キングダム
トガニ 幼き瞳の告発
ニーチェの馬
ポエトリー アグネスの詩(うた)
33位12点白雪姫と鏡の女王
ハロー!?ゴースト
プロメテウス
36位11点崖っぷちの男
画皮 あやかしの恋
声をかくす人
サラの鍵
幸せへのキセキ
台北カフェ・ストーリー
ファミリー・ツリー
43位10点アメイジング・スパイダーマン
汚れた心
高地戦
サンザシの樹の下で
捜査官X
バトルシップ
ハハハ
別離
マダガスカル3
52位9点アイアン・スカイ
哀しき獣
トータル・リコール
トロール・ハンター
メランコリア
ルルドの泉で
58位8点エクスペンダブルズ2
強奪のトライアングル
孤島の王
最終目的地
さらば復讐の狼たちよ
思秋期
ムサン日記~白い犬
ラ・ワン
リンカーン弁護士
67位7点キリマンジャロの雪
シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語
SAFE/セイフ
ソウル・サーファー
ディクテーター 身元不明でニューヨーク
72位6点ジョン・カーター
フランケンウィニー[☆アニメ賞受賞]
屋根裏部屋のマリアたち
ヤング≒アダルト
76位5点アジョシ
王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件
最初の人間
少年は残酷な弓を射る
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~
ソハの地下水道
だれもがクジラを愛してる。
ハンガー・ゲーム
ミケランジェロの暗号
メン・イン・ブラック3
ヤコブへの手紙
ロック・オブ・エイジズ
88位4点ウェイバック -脱出6500km-
永遠の僕たち
オレンジと太陽
籠の中の乙女
カルロス
危険なメソッド
きっと ここが帰る場所
ゴーストライター
ザ・レイド
灼熱の魂
少年と自転車
大陸
テイク・ディス・ワルツ
デンジャラス・ラン
バイオハザードV:リトリビューション
ベルタのモチーフ
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
ライク・サムワン・イン・ラブ
106位3点あの頃、君を追いかけた
アンダーワールド 覚醒
イップ・マン 誕生
キック・アス
キリング・フィールズ 失踪地帯
シルビアのいる街の写真
スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜
スリープレス・ナイト
それでも、愛してる
チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2
ネイビーシールズ
パーフェクト・センス
ブラック・ブレッド
星空
マージン・コール
ミヒャエル
もうひとりのシェイクスピア
リアル・スティール
ル・アーヴルの靴みがき
ルビー・スパークス
わたしたちの宣戦布告
128位2点アナザー プラネット
ヴィンセントは海へ行きたい
裏切りの戦場 葬られた誓い
海洋天堂
彼女が消えた浜辺
君への誓い
コロンビアーナ
Something Borrowed/幸せのジンクス
ジェーン・エア
人生はビギナーズ
セラフィーヌの庭
ダーク・シャドウ
タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
ビースト・ストーカー/証人
ピープルvsジョージ・ルーカス
昼間から呑む
ファウスト
メタルヘッド
預言者
ローマ法王の休日
ワン・デイ 23年のラブストーリー
149位1点アタック・ザ・ブロック
折れた矢
気狂いピエロの決闘
クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち
恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~
第九軍団のワシ
父の初七日
盗聴犯~死のインサイダー取引~
ナシレマ2.0
2階の悪党
ハーバー・クライシス;湾岸危機;Black & White Episode 1
バンバン・クラブ -真実の戦場-
ペースメーカー
ボーン・レガシー
星の旅人たち
マシンガン・プリーチャー
ミッション:8ミニッツ
黙殺
モンスター・ホテル
やがて哀しき復讐者
ラブド・ワンズ

 大本命ともいえる「レ・ミゼラブル」が、皆様の予想どおり堂々のトップ獲得です。
 年末公開であり、かつ今までに何回も映画化された作品にもかかわらず、これだけの支持を集めたのは、豪華でかつきっちりと作ったミュージカルだったからでしょう。
 2位は昨年のアカデミー賞作品賞を受賞した「アーティスト」です。白黒サイレント映画という擬古的な形態を取りながら、内容的にとてもよくまとまっており、字幕がきわめて少ないことも好感を呼んだのでしょう。
 また3位には「007 スカイフォール」が入りました。007のような娯楽アクション映画がこのような賞の上位を獲得するのは珍しいことです。単なる娯楽映画というだけでなく、映像にもとても力を入れるなどきわめてクオリティの高い作品だからでしょう。
 今年受賞したアニメ賞は「フランケンウィニー」が受賞しました。年末公開ということもあり、作品賞としては72位に終わりましたが、史上初の3D白黒アニメというコンセプトも評価につながったのでしょう。

外国映画監督賞

1位8票ベン・アフレック「アルゴ」
2位5票ミシェル・アザナヴィシウス「アーティスト」
3位3票トム・フーパー「レ・ミゼラブル」
4位2票ウディ・アレン「ミッドナイト・イン・パリ」
クリストファー・ノーラン「ダークナイト ライジング」
サム・メンデス「007 スカイフォール」
スティーブン・スピルバーグ「戦火の馬」
ターセム・シン「白雪姫と鏡の女王」
ニコラス・ウィンディング・レフン「ドライヴ」
ピーター・ジャクソン「ホビット 思いがけない冒険」
ペドロ・アルモドバル「私が、生きる肌」
ラース・フォン・トリアー「メランコリア」
13位1票アッバス・キアロスタミ「ライク・サムワン・イン・ラブ」
アン・ホイ「桃(タオ)さんのしあわせ」
キム・ヨンタク「ハロー!?ゴースト」
クラウス・ハロ「ヤコブへの手紙」
サラ・ポーリー「テイク・ディス・ワルツ」
ジェームズ・アイヴォリー「ライク・サムワン・イン・ラブ」
スティーヴン・ダルドリー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
ダンテ・ラム「コンシェンス/裏切りの炎」「ビースト・ストーカー/証人」
ツァイ・ユエシュン「ハーバー・クライシス;湾岸危機;Black & White Episode 1」
デビッド・フィンチャー「ドラゴン・タトゥーの女」
パク・ジョンボム「ムサン日記~白い犬」
ファン・ドンヒョク「トガニ 幼き瞳の告発」
ホセ・ルイス・ゲリン「シルビアのいる街の写真」「ベルタのモチーフ」「工事中」
ホン・サンス「ハハハ」
マーティン・スコセッシ「ヒューゴの不思議な発明」
マチュー・カソヴィッツ「裏切りの戦場 葬られた誓い」
リドリー・スコット「プロメテウス」
ロマン・ポランスキー「おとなのけんか」

 作品賞では4位に終わった「アルゴ」のベン・アフレックがここでは1位です。本国ではゴールデングローブ賞の作品賞(ドラマ部門)、全米プロデューサー組合賞、全米映画俳優組合賞などを軒並み受賞しています。
 アカデミー賞では、作品賞では本命視されているものの、なぜか監督賞にはノミネートされていませんが、当日本インターネット映画大賞では逆の結果となりました。作品賞は1位を獲得できなかったものの、監督賞で受賞しているというのもおもしろいところです。

外国映画主演男優賞

1位11票ヒュー・ジャックマン「リアル・スティール」「レ・ミゼラブル」
2位7票ダニエル・クレイグ「007 スカイフォール」「ドラゴン・タトゥーの女」
3位3票ジャン・デュジャルダン「アーティスト」
マイケル・ファスベンダー「SHAME -シェイム-」
ラジニカーント「ロボット」
6位2票オマール・シー「最強のふたり」
ジョージ・クルーニー「ファミリー・ツリー」
8位1票アンディ・ラウ「桃(タオ)さんのしあわせ」
伊原剛志「汚れた心」
ウォンビン「アジョシ」
奥野匡「ライク・サムワン・イン・ラブ」
クリストス・ステルギオグル「籠の中の乙女」
クリストフ・ヴァルツ「おとなのけんか」
クリント・イーストウッド「人生の特等席」
ゲイリー・オールドマン「裏切りのサーカス」
サム・ワーシントン「崖っぷちの男」
ジェイソン・ステイサム「SAFE/セイフ」
テイラー・キッチュ「バトルシップ」
トーマス・ホーン「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
ニコラス・ツェー「ビースト・ストーカー/証人」
ハ・ジョンウ「哀しき獣」
ヘンリー・ホッパー「永遠の僕たち」
マシュー・マコノヒー「リンカーン弁護士」
ライアン・ゴズリング「ドライヴ」
レオナルド・ディカプリオ「J・エドガー」

 ヒュー・ジャックマンが1位を獲得しました。ゴールデングローブ賞でも男優賞(コメディー・ミュージカル部門)を獲得しており、「レ・ミゼラブル」での堂々たるジャン・バル・ジャンぶりには誰もが異論がないことでしょう。
 2位に続くのは、ロンドンオリンピックでもエリザベス女王をエスコートしたダニエル・クレイグ(「ドラゴン・タトゥーの女」と「007 スカイフォール」)でした。

外国映画主演女優賞

1位6票メリル・ストリープ「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」
2位4票ノオミ・ラパス「プロメテウス」
3位3票アン・ハサウェイ「レ・ミゼラブル」「ワン・デイ 23年のラブストーリー」
4位2票アナソフィア・ロブ「ソウル・サーファー」
クリスティン・スコット・トーマス「サラの鍵」
シャーリーズ・セロン「スノーホワイト」「ヤング≒アダルト」
ディニー・イップ「桃(タオ)さんのしあわせ」
ベレニス・ベジョ「アーティスト」
ミシェル・ウィリアムズ「マリリン 7日間の恋」「テイク・ディス・ワルツ」
ミシェル・ヨー「The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛」
リリー・コリンズ「白雪姫と鏡の女王」
12位1票エイミー・アダムス「人生の特等席」
エレナ・アナヤ「私が、生きる肌」
カトリーヌ・ドヌーヴ「しあわせの雨傘」
キーラ・ナイトレイ「危険なメソッド」
キルスティン・ダンスト「メランコリア」
ケイト・ベッキンセール「アンダーワールド 覚醒」
ジャッキー・ウィーヴァー「アニマル・キングダム」
ジュディ・ディンチ「007 スカイフォール」
ジョウ・シュン「画皮 あやかしの恋」
ジョディ・フォスター「おとなのけんか」
ミア・ワシコウスカ「ジェーン・エア」
ユ・ホジョン「サニー 永遠の仲間たち」
ユン・ジョンヒ「ポエトリー アグネスの詩(うた)」
ヨランド・モロー「セラフィーヌの庭」
ルーニー・マーラ「ドラゴン・タトゥーの女」
レスリー・マンヴィル「家族の庭」
ロビン・マクリーヴィー「ラブド・ワンズ」
ロビン・ライト「声をかくす人」

 『レ・ミゼラブル』のアン・ハサウェイ、『アーティスト』のベレニス・ベジョなど映画賞では助演女優賞扱いにされている女優が主演女優として投票されていることからも、2012年は主演女優に該当する女優が見当たらなかったというような印象を抱かざるを得ない結果でした。
 結果的にはメリル・ストリープが単独1位で選ばれましたが、これも彼女の演技力と共に「消去法で彼女しか残らなかった」という消極的な理由も含まれているような印象を受けました。

外国映画助演男優賞

1位5票ハビエル・バルデム「007 スカイフォール」
2位4票アーミー・ハマー「J・エドガー」「白雪姫と鏡の女王」
3位3票トム・ハーディ「ダークナイト ライジング」
4位2票エディ・レッドメイン「レ・ミゼラブル」「マリリン 7日間の恋」
オマール・シー「最強のふたり」
ジョン・グッドマン「アルゴ」
ベン・キングズレー「ヒューゴの不思議な発明」
8位1票アラン・アーキン「アルゴ」
アンディ・サーキス「ホビット 思いがけない冒険」
イップ・チュン「イップ・マン 誕生」
ウド・キアー「アイアン・スカイ」
エイサ・バターフィールド「ヒューゴの不思議な発明」
お馬さん「戦火の馬」
オーウェン・ウィルソン「ミッドナイト・イン・パリ」
オスカー・アイザック「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」
クリストファー・プラマー「人生はビギナーズ」
サシャ・バロン・コーエン「ヒューゴの不思議な発明」
ジャン=クロード・ヴァン・ダム「エクスペンダブルズ2」
ジャン・レノ「シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」
ジュード・ロウ「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」
ジョー・マッシンギル「人生の特等席」
ジョシュ・ブローリン「メン・イン・ブラック3」
スパーキー「フランケンウィニー」
トム・クルーズ「ロック・オブ・エイジズ」
ドルフ・ラングレン「エクスペンダブルズ2」
ニエル・アレストラップ「預言者」
ヒューゴ・ウィーヴィング「オレンジと太陽」
ブライアン・クランストン「ドライヴ」
フランソワ・クリュゼ「最強のふたり」
マックス・フォン・シドー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
ライアン・レイノルズ「デンジャラス・ラン」
ラッセル・クロウ「レ・ミゼラブル」
ラム・シュー(林雪)「強奪のトライアングル」

 稀に見る混戦を制したのは、アカデミーでも助演男優賞受賞経験のあるハビエル・バルデムでしたが、あと一歩及ばなかったのがアーミー・ハマー、トム・ハーディ、エディ・レッドメインといった新興勢力。
 ただ助演という立場上、主演俳優を際立たせつつ自らの存在感も出すという意味においては、まだまだオスカー俳優との差は開いているようです。それが微妙な票差に現れたのでしょうか。そんな印象を持った集計結果でした。

外国映画助演女優賞

1位14票アン・ハサウェイ「レ・ミゼラブル」「ダークナイト ライジング」
2位5票ジュディ・ディンチ「J・エドガー」「007 スカイフォール」
3位2票エル・ファニング「Virginia/ヴァージニア」「幸せへのキセキ」
レア・セドゥー「マリー・アントワネットに別れをつげて」「ルルドの泉で」
5位1票エヴァ・グリーン「ダーク・シャドウ」
エリザベス・バンクス「崖っぷちの男」
オクテイヴィア・スペンサー「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」
キム・オクビン「高地戦」
クロエ・グレース・モレッツ「ヒューゴの不思議な発明」
ケイト・ウィンスレット「おとなのけんか」
ケイト・ハドソン「Something Borrowed/幸せのジンクス」
ケイト・ベッキンセール「トータル・リコール」
サマンサ・バークス「レ・ミゼラブル」
ジェシカ・チャステイン「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」
シガニー・ウィーヴァー「宇宙人ポール」
ジュリア・ロバーツ「白雪姫と鏡の女王」
スカーレット・ヨハンソン「幸せへのキセキ」
ゾエ・カザン「ルビー・スパークス」
ディーピカー・パードゥコーン「恋する輪廻」「オーム・シャンティ・オーム」
ティルダ・スウィントン「少年は残酷な弓を射る」
常盤貴子「汚れた心」
ナオミ・ハリス「007 スカイフォール」
ファリダ・ラウアジ「ジョルダーニ家の人々」
ベレニス・ベジョ「アーティスト」
メリッサ・マッカーシー「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」
リー・ビンビン「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」
若い時の主役以外のサニー「サニー 永遠の仲間たち」

 1位はアン・ハサウェイ。部門賞では全賞を通じ得票数が最も高く、「ダークナイト ライジング」で華麗なキャットウーマンを演じたかと思えば、「レ・ミゼラブル」ではうってかわって薄幸な女性役を見事こなすなど演技の幅が高く評価されたのでしょう。
 次点は大ベテランであるジュディ・ディンチ。1位が「レ・ミゼラブル」関連、2位が「007 スカイフォール」関連というパターンが主演男優賞と同一というのもおもしろいところです。

外国映画ニューフェイスブレイク賞

1位3票トーマス・ホーン「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
ルーニー・マーラ「ドラゴン・タトゥーの女」
3位2票エイサ・バターフィールド「ヒューゴの不思議な発明」
エズラ・ミラー「少年は残酷な弓を射る」
オマール・シー「最強のふたり」
ジーナ・カラーノ「エージェント・マロリー」
マギー・エリザベス・ジョーンズ「幸せへのキセキ」
8位1票アーロン・トゥヴェイト「レ・ミゼラブル」
イゾルダ・ディシャウク「ファウスト」
エイリアン「プロメテウス」
エマ・ストーン「アメイジング・スパイダーマン」
エレナ・アナヤ「私が、生きる肌」
キャサリン・チェン「SAFE/セイフ」
コンラッド・バレンスエラ「瞳は静かに」
サマンサ・バークス「レ・ミゼラブル」
ジェニファー・ローレンス「ハンガー・ゲーム」
ジェレミー・アーヴァイン「戦火の馬」
シン・セギョン「青い塩」
ゾエ・カザン「ルビー・スパークス」
デニス・トー「イップ・マン 誕生」
ドミニク・クーパー「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」
ナオミ・ハリス「007 スカイフォール」
パク・ジョンボム「ムサン日記~白い犬」
ブリット・マーリング「アナザープラネット」
ヤヤン・ルヒアン「ザ・レイド」
ユリア・ディーツェ「アイアン・スカイ」
リリー・コリンズ「白雪姫と鏡の女王」

 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」で名子役ぶりを演じたトーマス・ホーンと、「ドラゴン・タトゥーの女」でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたルーニー・マーラという対照的な2人が受賞しました。

外国映画音楽賞

1位11票「レ・ミゼラブル」
2位7票「ロック・オブ・エイジズ」
3位4票「ダークナイト ライジング」
4位3票「最強のふたり」
「ドライヴ」
6位1票「007 スカイフォール」
「アーティスト」
「キリマンジャロの雪」
「サニー 永遠の仲間たち」
「ジェーン・エア」
「セデック・バレ」
「戦火の馬」
「ドラゴン・タトゥーの女」
「フランケンウィニー」
「ホビット 思いがけない冒険」
「マダガスカル3」
「ライク・サムワン・イン・ラブ」
「ロボット」
「わたしたちの宣戦布告」

 直近に公開されたこともあってか、『レ・ミゼラブル』が年代性別を問わず多くの支持を集めた一方で、80'sで育った世代はやはり『ロック・オブ・エイジズ』を選ばれた。そんな結果となりました。

外国映画ブーイングムービー賞

1位4票「ダークナイト ライジング」
2位2票「アイアン・スカイ」
「シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語」
「ラム・ダイアリー」
5位1票「アーティスト」
「Virginia/ヴァージニア」
「エージェント・マロリー」
「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」
「カエル少年失踪殺人事件」
「きみはペット」
「グリーン・ホーネット」
「THE GREY 凍える太陽」
「ジョン・カーター」
「推理作家ポー 最期の5日間」
「スノーホワイト」
「ダーク・シャドウ」
「バトルシップ」
「ヒューゴの不思議な発明」
「ピラミッド 5000年の嘘」
「ファウスト」
「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」
「Black & White/ブラック & ホワイト」
「ブレイクアウト」
「プレイヤー」
「プロメテウス」
「ラバー」
「レ・ミゼラブル」
「ローマ法王の休日」
「私だけのハッピー・エンディング」

 「ダークナイト ライジング」が1位となりましたが、作品賞でも7位に入り、またキャットウーマンを演じたアン・ハサウェイが助演女優賞を受賞するなど、賛否が極端に分かれた作品となりました。
 絶対的な質の悪さというよりも、2008年に作品賞を受賞した前作との落差が大きかったこと、つまりヒース・レジャーの遺作がよすぎたことも一因なのではないでしょうか。

外国映画投票者数ランキング

得点に関係なく、投票者数だけで決定するランキングです。
1位18人アーティスト
レ・ミゼラブル
3位17人007 スカイフォール
アルゴ
5位16人最強のふたり
6位12人ヒューゴの不思議な発明
7位11人ダークナイト ライジング
8位10人戦火の馬
ドラゴン・タトゥーの女
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
11位9人アベンジャーズ
ミッドナイト・イン・パリ
ロボット
14位8人ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
ホビット 思いがけない冒険
16位7人シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
私が、生きる肌
18位6人裏切りのサーカス
サニー 永遠の仲間たち
J・エドガー
人生の特等席
22位5人おとなのけんか
白雪姫と鏡の女王
ファミリー・ツリー
25位4人サラの鍵
幸せへのキセキ
ドライヴ
プロメテウス
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
マダガスカル3
31位3人アイアン・スカイ
アニマル・キングダム
宇宙人ポール
哀しき獣
ソウル・サーファー
桃(タオ)さんのしあわせ
ディクテーター 身元不明でニューヨーク
トータル・リコール
トガニ 幼き瞳の告発
ニーチェの馬
ハロー!?ゴースト
別離
ポエトリー アグネスの詩(うた)
マイウェイ 12,000キロの真実
屋根裏部屋のマリアたち
ロック・オブ・エイジズ
47位2人イップ・マン 誕生
エクスペンダブルズ2
王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件
崖っぷちの男
画皮 あやかしの恋
危険なメソッド
キリマンジャロの雪
強奪のトライアングル
高地戦
声をかくす人
孤島の王
最終目的地
少年と自転車
少年は残酷な弓を射る
シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~
SAFE/セイフ
捜査官X
台北カフェ・ストーリー
テイク・ディス・ワルツ
デンジャラス・ラン
トロール・ハンター
バイオハザードV:リトリビューション
バトルシップ
ハンガー・ゲーム
ビースト・ストーカー/証人
フランケンウィニー
マリリン 7日間の恋
メランコリア
もうひとりのシェイクスピア
ヤング≒アダルト
リンカーン弁護士
ル・アーヴルの靴みがき
ルルドの泉で
81位1人アジョシ
アタック・ザ・ブロック
アナザー プラネット
あの頃、君を追いかけた
アメイジング・スパイダーマン
アンダーワールド 覚醒
ヴィンセントは海へ行きたい
ウェイバック -脱出6500km-
裏切りの戦場 葬られた誓い
永遠の僕たち
折れた矢
オレンジと太陽
海洋天堂
籠の中の乙女
彼女が消えた浜辺
カルロス
気狂いピエロの決闘
キック・アス
きっと ここが帰る場所
君への誓い
キリング・フィールズ 失踪地帯
クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち
恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
ゴーストライター
コロンビアーナ
ザ・レイド
最初の人間
さらば復讐の狼たちよ
サンザシの樹の下で
Something Borrowed/幸せのジンクス
ジェーン・エア
シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~
思秋期
灼熱の魂
ジョン・カーター
シルビアのいる街の写真
人生はビギナーズ
スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜
スリープレス・ナイト
セラフィーヌの庭
ソハの地下水道
それでも、愛してる
ダーク・シャドウ
第九軍団のワシ
大陸
タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
だれもがクジラを愛してる。
チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~
父の初七日
盗聴犯~死のインサイダー取引~
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2
ナシレマ2.0
2階の悪党
ネイビーシールズ
ハーバー・クライシス;湾岸危機;Black & White Episode 1
パーフェクト・センス
ハハハ
バンバン・クラブ -真実の戦場-
ピープルvsジョージ・ルーカス
昼間から呑む
ファウスト
ブラック・ブレッド
ペースメーカー
ベルタのモチーフ
ボーン・レガシー
星空
星の旅人たち
マージン・コール
マシンガン・プリーチャー
ミケランジェロの暗号
ミッション:8ミニッツ
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
ミヒャエル
ムサン日記~白い犬
メタルヘッド
メン・イン・ブラック3
黙殺
モンスター・ホテル
やがて哀しき復讐者
ヤコブへの手紙
預言者
汚れた心
ラ・ワン
ライク・サムワン・イン・ラブ
ラブド・ワンズ
リアル・スティール
ルビー・スパークス
ローマ法王の休日
わたしたちの宣戦布告
ワン・デイ 23年のラブストーリー


外国映画思い入れ度ランキング

総得点を投票者数で割った一人あたりの平均得点(思い入れ度)ランキングです。(5票以上限定)
1位4.889 (88/18)レ・ミゼラブル
2位4.300 (43/10)ドラゴン・タトゥーの女
3位4.200 (42/10)ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
4位4.083 (49/12)ヒューゴの不思議な発明
5位4.000 (28/7)シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
(44/11)ダークナイト ライジング
7位3.900 (39/10)戦火の馬
8位3.778 (34/9)ミッドナイト・イン・パリ
9位3.562 (57/16)最強のふたり
10位3.529 (60/17)007 スカイフォール
11位3.471 (59/17)アルゴ
12位3.400 (17/5)おとなのけんか
13位3.389 (61/18)アーティスト
14位3.333 (30/9)アベンジャーズ
(30/9)ロボット
16位3.125 (25/8)ホビット 思いがけない冒険
17位3.000 (18/6)サニー 永遠の仲間たち
18位2.875 (23/8)ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
19位2.857 (20/7)私が、生きる肌
20位2.667 (16/6)J・エドガー
21位2.500 (15/6)裏切りのサーカス
(15/6)人生の特等席
23位2.400 (12/5)白雪姫と鏡の女王
24位2.200 (11/5)ファミリー・ツリー

 こちらも1位は「レ・ミゼラブル」。作品賞関連3賞とさらには音楽賞と、作品関連賞4賞を独占しましたが、これは当賞始まって以来の快挙でしょう。さらには主演男優賞・助演女優賞も同作品関連として受賞し、合計6賞獲得したことになります。
 またこの賞は、例年は作品賞とは趣を異にし、上位に顔を見せなかった作品がランキングされることが多いですが、今年はベストテンがすべて作品賞でベスト20を獲得した作品ばかりとなりました。逆にいえば少数の人に愛された思い入れの強い作品がなかったということなのでしょうか。

日本インターネット映画大賞について | ©Copyright 日本インターネット映画大賞運営委員会 All Right Reserved.