日本インターネット映画大賞

第18回(2013年)日本インターネット映画大賞結果

日本映画部門
外国映画部門
  • 作品賞(ベストテン)
    1位97点ゼロ・グラビティ
    2位87点パシフィック・リム
    3位58点きっと、うまくいく
    4位45点ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
    5位41点ジャンゴ 繋がれざる者
    6位39点テッド
    7位33点ゼロ・ダーク・サーティ
    8位32点クラウド アトラス
    9位29点42~世界を変えた男~
    10位28点愛、アムール
  • 監督賞9票
    • アルフォンソ・キュアロン
      「ゼロ・グラビティ」
  • 主演男優賞6票
    • トム・ハンクス
      「キャプテン・フィリップス」
  • 主演女優賞13票
    • サンドラ・ブロック
      「ゼロ・グラビティ」
  • 助演男優賞4票
    • ジョージ・クルーニー
      「ゼロ・グラビティ」
  • 助演女優賞2票
    • 芦田愛菜
      「パシフィック・リム」
    • 菊地凛子
      「パシフィック・リム」「47RONIN」
    • ジェシカ・チャステイン
      「欲望のバージニア」
    • ニコール・キッドマン
      「イノセント・ガーデン」「ペーパーボーイ 真夏の引力」
  • ニューフェイスブレイク賞5票
    • スラージ・シャルマ
      「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
  • 音楽賞4票
    • ジャンゴ 繋がれざる者
  • 思い入れ作品賞5.800点
    • 42~世界を変えた男~
  • ベストインパクト賞13票
    • サンドラ・ブロック
  • 投票者数ランキング20人
    • ゼロ・グラビティ

日本映画作品賞

有効投票数:50票
1位129点そして父になる
2位89点舟を編む
3位83点風立ちぬ[☆アニメ賞受賞]
4位71点地獄でなぜ悪い
5位68点かぐや姫の物語
6位52点永遠の0
7位43点凶悪
8位36点さよなら渓谷
9位34点HK/変態仮面
横道世之介
11位31点くちづけ
12位30点言の葉の庭
13位29点みなさん、さようなら
14位28点清須会議
ペタル ダンス
許されざる者
17位27点はじまりのみち
18位26点箱入り息子の恋
19位25点陽だまりの彼女
20位24点共喰い
21位23点図書館戦争
22位22点遺体 明日への十日間
23位21点ペコロスの母に会いに行く
24位20点もらとりあむタマ子
25位17点劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
謝罪の王様
27位14点宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く
桜、ふたたびの加奈子
チチを撮りに
フラッシュバックメモリーズ 3D
ももいろそらを
32位13点千年の愉楽
33位12点映画 鈴木先生
真夏の方程式
35位11点ジンクス!!!
武士の献立
37位10点相棒シリーズ X DAY
かぞくのくに
すーちゃん まいちゃん さわ子さん
東京家族
ばしゃ馬さんとビッグマウス
42位9点ストロベリーナイト
中学生円山
44位8点探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
45位7点映画クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!
劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇
飛べ!ダコタ
藁の楯 わらのたて
49位6点映画「立候補」
きいろいゾウ
四十九日のレシピ
52位5点王様とボク
おだやかな日常
かしこい狗は、吠えずに笑う
恋の渦
渾身 KON-SHIN
さよならドビュッシー
少年H
スープ~生まれ変わりの物語~
ソラニン
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語
夏の終り
ヒミズ
百年の時計
フィギュアなあなた
約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯
67位4点甘い鞭
サカサマのパテマ
燦燦 -さんさん-
終戦のエンペラー
日本の悲劇
のぼうの城
ひまわりと子犬の7日間
標的の村
ボクたちの交換日記
夢と狂気の王国
リアル~完全なる首長竜の日~
ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE
79位3点くじけないで
劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇
3.11後を生きる
SHORT PEACE
聖☆おにいさん
戦争と一人の女
台湾アイデンティティー
旅する映写機
旅立ちの島唄 ~十五の春~
ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの
晴れのち晴れ、ときどき晴れ
ふがいない僕は空を見た
ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987
彌勒 MIROKU
利休にたずねよ
ルームメイト
96位2点AURA~魔竜院光牙最後の闘い~
SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者
鍵泥棒のメソッド
グッモーエビアン!
暗闇から手をのばせ
桜並木の満開の下に
だいじょうぶ3組
男子高校生の日常
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ
105位1点映画 謎解きはディナーのあとで
演劇1
キャプテンハーロック
劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日
ケンとメリー 雨あがりの夜空に
攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
ジ、エクストリーム、スキヤキ
じんじん
タリウム少女の毒殺日記
「また、必ず会おう」と誰もが言った。

 作品賞はそして父になるが受賞しました。父親になる難しさが各映画賞で高い評価を受けている作品で当映画賞でも多くの投票者から多数の支持を受けました。
 2位の舟を編むは辞書の意味を作る難しさをわかりやすく描いており、3位風立ちぬは宮崎駿監督最後の長編アニメとなり同時にアニメ賞も受賞しました。
 全体を通して考える作品が多かった2013年だったと思います。

日本映画監督賞

1位10票是枝裕和「そして父になる」
2位4票園子温「地獄でなぜ悪い」「ヒミズ」
3位3票高畑勲「かぐや姫の物語」
中村義洋「みなさん、さようなら」
5位2票石井裕也「舟を編む」
石川寛「ペタル ダンス」
沖田修一「横道世之介」
白石和彌「凶悪」
三谷幸喜「清須会議」
山崎貴「永遠の0」
11位1票青山真治「共喰い」
石井隆「甘い鞭」「フィギュアなあなた」
市井昌秀「箱入り息子の恋」
君塚良一「遺体 明日への十日間」
宮藤官九郎「中学生円山」
新海誠「言の葉の庭」
想田和弘「演劇1」「演劇2」
堤幸彦「劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇」
福田雄一「HK/変態仮面」
三木孝浩「陽だまりの彼女」
宮崎駿「風立ちぬ」
森崎東「ペコロスの母に会いに行く」
山下敦弘「もらとりあむタマ子」
李相日「許されざる者」

 親と子のドラマを丁寧に寄り添って映し出していた「そして父になる」の是枝裕和監督が10票を集めて1位でした。
 おめでとうございます。

日本映画主演男優賞

1位5票大泉洋「清須会議」「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」
高良健吾「かぐや姫の物語」「横道世之介」
3位4票鈴木亮平「ガッチャマン」「コドモ警察」「HK/変態仮面」
4位3票岡田准一「永遠の0」「図書館戦争」
長谷川博己「地獄でなぜ悪い」「映画 鈴木先生」
福山雅治「そして父になる」「真夏の方程式」
7位2票井浦新「かぞくのくに」「ジ、エクストリーム、スキヤキ」「彌勒 MIROKU」
濱田岳「みなさん、さようなら」
渡辺謙「許されざる者」
10位1票阿部サダヲ「奇跡のリンゴ」「謝罪の王様」
庵野秀明「風立ちぬ」
市川海老蔵「利休にたずねよ」
大西信満「さよなら渓谷」
草彅剛「中学生円山」
菅田将暉「共喰い」
染谷将太「ヒミズ」
竹中直人「くちづけ」
堤真一「俺はまだ本気出してないだけ」
仲代達矢「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」
野村萬斎「のぼうの城」
マック赤坂「映画「立候補」」
松田龍平「舟を編む」
松本潤「陽だまりの彼女」

 若手ながら、冷たい顔から寂しい顔までオールマイティに使い分ける実力派俳優の高良健吾さんが、温かくて優しい「横道世之介」を好演して受賞。
 同数で「清須会議」にてコミカルな中に狡猾な表情を見せた大泉洋さんが受賞しました。
 お二方とも映画にドラマに多数出演し、活躍された年でした。
 次点は、「HK/変態仮面」で思い切った役柄に挑戦された鈴木亮平さん。
 日本インターネット映画大賞としてはフレッシュな顔が並ぶことになりました。
 今後ますますのご活躍が期待されます。

日本映画主演女優賞

1位7票真木よう子「さよなら渓谷」
2位5票上戸彩「武士の献立」
3位3票上野樹里「陽だまりの彼女」
夏帆「箱入り息子の恋」
戸田恵梨香「劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇」「劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇」
二階堂ふみ「地獄でなぜ悪い」「脳男」「ヒミズ」
前田敦子「もらとりあむタマ子」
8位2票貫地谷しほり「くちづけ」
竹内結子「ストロベリーナイト」
10位1票赤木春恵「ペコロスの母に会いに行く」
麻生久美子「ばしゃ馬さんとビッグマウス」
安藤サクラ「かぞくのくに」
臼田あさ美「桜並木の満開の下に」
尾野真千子「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」「そして父になる」
篠原乃り子「キューティー&ボクサー」
清水くるみ「ジンクス!!!」
田代さやか「くそガキの告白」
花澤香菜「言の葉の庭」
平田薫「R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私」
堀北真希「麦子さんと」
宮崎あおい「ペタル ダンス」
八千草薫「くじけないで」
吉高由里子「横道世之介」
吉行和子「燦燦 -さんさん-」

 ここ2年間、助演女優賞の方に顔を出されていた真木よう子さんが主演女優賞を受賞しました。
 「さよなら渓谷」では他の映画賞でも主演女優賞を多数受賞されていますね。
 業界からネットユーザーにまで認められた迫真の演技でした。
 2位の上戸 彩さんには、「武士の献立」で明るくしっかりした武士の妻を見せていただきました。
 久しぶりの女優活動で「陽だまりの彼女」に出演された上野樹里さんは3位。作品と共に高い評価を受けた演技力でした。
 昨年末にAKB48を卒業して本格的に女優活動に入った前田敦子さんも注目したいところです。

日本映画助演男優賞

1位18票リリー・フランキー「きいろいゾウ」「凶悪」「そして父になる」
2位4票ピエール瀧「凶悪」
3位2票夏八木勲「永遠の0」「終戦のエンペラー」「そして父になる」
ヤン・イクチュン「かぞくのくに」「中学生円山」
5位1票柄本明「許されざる者」
遠藤賢司「中学生円山」
大西信満「さよなら渓谷」
オダギリジョー「舟を編む」
乙武洋匡「だいじょうぶ3組」
加藤剛「舟を編む」
高良健吾「千年の愉楽」
佐藤浩市「清須会議」「許されざる者」
田中泯「永遠の0」
玉山鉄二「陽だまりの彼女」
長谷川博己「地獄でなぜ悪い」
濱田岳「永遠の0」「はじまりのみち」
藤原竜也「藁の楯 わらのたて」
光石研「共喰い」
森山未來「人類資金」
役所広司「清須会議」
安田顕「HK/変態仮面」

 助演男優賞ダントツ1位となったのは、リリー・フランキーさんです。
 「凶悪」「そして父になる」「きいろいゾウ」の3作品でそれぞれ見せてくれたまったく異なる性格の様々な人物像の演技では、そのギャップに誰もが驚かされました。

日本映画助演女優賞

1位9票二階堂ふみ「地獄でなぜ悪い」「四十九日のレシピ」「脳男」
2位3票池脇千鶴「潔く柔く きよくやわく」「凶悪」
真木よう子「そして父になる」
4位2票田中裕子「はじまりのみち」「共喰い」
波瑠「みなさん、さようなら」
宮崎あおい「きいろいゾウ」「舟を編む」
7位1票余貴美子「麦子さんと」
安藤サクラ「ペタル ダンス」
井上真央「永遠の0」「謝罪の王様」
樹木希林「そして父になる」
木南晴夏「百年の時計」
栗山千明「劇場版 ATARU-THE FIRST LOVE & THE LAST KILL-」「劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇」「劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇」「図書館戦争」
小池栄子「許されざる者」
後藤ユウミ「恋の渦」
篠原友希子「おだやかな日常」
清水富美加「HK/変態仮面」
釈由美子「リトル・マエストラ」
杉田かおる「「また、必ず会おう」と誰もが言った。」
関めぐみ「県庁おもてなし課」
富田靖子「映画 鈴木先生」「もらとりあむタマ子」
友近「地獄でなぜ悪い」
中谷美紀「清須会議」「利休にたずねよ」
夏木マリ「陽だまりの彼女」
能年玲奈「グッモーエビアン!」
野波麻帆「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」
倍賞千恵子「すべては君に逢えたから」
宮崎美子「かぞくのくに」
山田真歩「楽隊のうさぎ」
吉高由里子「真夏の方程式」「横道世之介」
吉行和子「東京家族」

 2011年のニューフェイスブレイク賞を受賞し、2012年の主演女優賞、そして今回は助演女優賞と続く3年連続受賞となった二階堂ふみさん。
 今回ダントツの1位入賞は、作品賞にもノミネートされている注目作品で、まったく違う顔を演じきったことも評価された要因になってると思います。
 今後もその成長ぶりが楽しみな女優さんになりましたね。
 ちなみに『地獄でなぜ悪い』での出演は、投票者によっては”主演”との判断で2位にランクインしてたりもします。
 いずれにしても、評価される女優として今後もチェックされていくのでしょうね。
 そして2位の真木よう子さんは、今回主演女優賞を受賞されました。
 主演でも助演でも注目される女優さんたちにこれからも目が離せませんね。

日本映画ニューフェイスブレイク賞

1位4票葵わかな「陽だまりの彼女」
大原櫻子「カノジョは嘘を愛しすぎてる」
3位3票池田愛「ももいろそらを」
4位2票庵野秀明「風立ちぬ」
大谷澪「ジェリー・フィッシュ」
土屋太鳳「映画 鈴木先生」
平岡拓真「中学生円山」
吉岡竜輝「少年H」
9位1票忽那汐里「許されざる者」「ペタル ダンス」
小泉麻耶「暗闇から手をのばせ」
剛力彩芽「清須会議」
佐々木心音「フィギュアなあなた」
清水富美加「HK/変態仮面」
菅田将暉「共喰い」
瀧本美織「風立ちぬ」
原菜乃華「地獄でなぜ悪い」
日南響子「桜姫」
福士蒼汰「江ノ島プリズム」
星野源「地獄でなぜ悪い」
本田翼「すべては君に逢えたから」
松本利夫「晴れのち晴れ、ときどき晴れ」
間宮夕貴「甘い鞭」
三吉彩花「グッモーエビアン!」「旅立ちの島唄 ~十五の春~」
諸星すみれ「シュガー・ラッシュ」「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」
リリー・フランキー「凶悪」「そして父になる」

 「陽だまりの彼女」の葵わかなさんと、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の大原櫻子さんが4票を集めて1位でした。おめでとうございます。
 今回は印象に残ったニューフェイスが多かったようです。

日本映画音楽賞

1位5票「かぐや姫の物語」
2位4票「永遠の0」
3位3票「風立ちぬ」
「地獄でなぜ悪い」
「陽だまりの彼女」
6位2票「カノジョは嘘を愛しすぎてる」
「言の葉の庭」
「フラッシュバックメモリーズ 3D」
「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」
10位1票「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」
「楽隊のうさぎ」
「かぞくのくに」
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」
「さよならドビュッシー」
「ジ、エクストリーム、スキヤキ」
「千年の愉楽」
「旅立ちの島唄 ~十五の春~」
「中学生円山」
「プラチナデータ」
「ペタル ダンス」

 今年はジブリ作品が2作リリースされ、「風立ちぬ」がアニメ賞と作品賞上位を獲得しましたが、音楽賞はもうひとつのジブリ映画「かぐや姫の物語」が受賞しました。
 「永遠の0」はサザンオールスターズのナンバーに魅せられて観に行かれた方も少なくなったようですが、年末公開にもかかわらず次点を獲得したのはさすがでした。

日本映画思い入れ作品賞

総得点を投票者数で割った一人あたりの平均得点(思い入れ度)ランキングです。(5票以上限定)
1位6.000 (30/5)言の葉の庭
2位5.800 (29/5)みなさん、さようなら
3位5.600 (28/5)ペタル ダンス
4位5.071 (71/14)地獄でなぜ悪い
5位5.000 (25/5)陽だまりの彼女
6位4.857 (68/14)かぐや姫の物語
7位4.778 (129/27)そして父になる
8位4.727 (52/11)永遠の0
9位4.500 (27/6)はじまりのみち
10位4.429 (31/7)くちづけ
11位4.150 (83/20)風立ちぬ
12位4.000 (36/9)さよなら渓谷
13位4.000 (28/7)清須会議
(28/7)許されざる者
15位4.000 (24/6)共喰い
16位4.000 (20/5)もらとりあむタマ子
17位3.778 (34/9)HK/変態仮面
18位3.714 (26/7)箱入り息子の恋
19位3.708 (89/24)舟を編む
20位3.667 (22/6)遺体 明日への十日間
21位3.583 (43/12)凶悪
22位3.091 (34/11)横道世之介
23位2.400 (12/5)真夏の方程式
24位2.000 (10/5)ばしゃ馬さんとビッグマウス

 作品賞とはかなり傾向を異にし、ベストテン入りも果たせなかった新海アニメの新作が堂々の1位です。ジブリやディズニーとも異なるていねいで暖かみあふれる作画と独特の抒情がようやく評価されてきたのでしょう。

日本映画ベストインパクト賞

(5位以上限定)
1位19票リリー・フランキー
2位12票二階堂ふみ
3位10票是枝裕和
真木よう子
5位6票高良健吾

 助演男優賞でダントツの1位を獲得したリリー・フランキーさんが、今年から新設したベストインパクト賞の初受賞者となりました。3つの作品に出演しましたが、それぞれ異なる役柄を見事に演じ分けたところが評価されたのでしょう。

日本映画投票者数ランキング

得点に関係なく、投票者数だけで決定するランキングです。
1位27人そして父になる
2位24人舟を編む
3位20人風立ちぬ
4位14人かぐや姫の物語
地獄でなぜ悪い
6位12人凶悪
7位11人永遠の0
横道世之介
9位9人HK/変態仮面
さよなら渓谷
11位7人くちづけ
許されざる者
清須会議
箱入り息子の恋
15位6人はじまりのみち
遺体 明日への十日間
共喰い
18位5人ばしゃ馬さんとビッグマウス
ペタル ダンス
みなさん、さようなら
もらとりあむタマ子
言の葉の庭
真夏の方程式
陽だまりの彼女
25位4人ペコロスの母に会いに行く
ももいろそらを
映画 鈴木先生
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
桜、ふたたびの加奈子
謝罪の王様
図書館戦争
千年の愉楽
藁の楯 わらのたて
34位3人きいろいゾウ
さよならドビュッシー
チチを撮りに
フラッシュバックメモリーズ 3D
相棒シリーズ X DAY
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
東京家族
武士の献立
42位2人SHORT PEACE
かしこい狗は、吠えずに笑う
ジンクス!!!
すーちゃん まいちゃん さわ子さん
ストロベリーナイト
フィギュアなあなた
ボクたちの交換日記
リアル~完全なる首長竜の日~
ルームメイト
宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く
映画「立候補」
夏の終り
甘い鞭
劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇
四十九日のレシピ
少年H
百年の時計
夢と狂気の王国
恋の渦
61位1人「また、必ず会おう」と誰もが言った。
3.11後を生きる
AURA~魔竜院光牙最後の闘い~
SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者
おだやかな日常
かぞくのくに
キャプテンハーロック
くじけないで
グッモーエビアン!
ケンとメリー 雨あがりの夜空に
サカサマのパテマ
ジ、エクストリーム、スキヤキ
じんじん
スープ~生まれ変わりの物語~
ソラニン
だいじょうぶ3組
タリウム少女の毒殺日記
つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語
のぼうの城
ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの
ひまわりと子犬の7日間
ヒミズ
ふがいない僕は空を見た
ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987
ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE
暗闇から手をのばせ
映画 謎解きはディナーのあとで
映画クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!
演劇1
王様とボク
劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇
劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日
鍵泥棒のメソッド
攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
桜並木の満開の下に
燦燦 -さんさん-
終戦のエンペラー
晴れのち晴れ、ときどき晴れ
聖☆おにいさん
戦争と一人の女
台湾アイデンティティー
男子高校生の日常
中学生円山
日本の悲劇
飛べ!ダコタ
標的の村
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ
約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯
利休にたずねよ
旅する映写機
旅立ちの島唄 ~十五の春~
彌勒 MIROKU
渾身 KON-SHIN

外国映画作品賞

有効投票数:50票
1位97点ゼロ・グラビティ
2位87点パシフィック・リム
3位58点きっと、うまくいく
4位45点ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
5位41点ジャンゴ 繋がれざる者
6位39点テッド
7位33点ゼロ・ダーク・サーティ
8位32点クラウド アトラス
9位29点42~世界を変えた男~
10位28点愛、アムール
11位26点偽りなき者
リンカーン
13位24点スター・トレック イントゥ・ダークネス
14位23点キャプテン・フィリップス
15位20点イノセント・ガーデン
16位19点オブリビオン
17位18点クロニクル
25年目の弦楽四重奏
19位17点アンコール!!
20位16点ウォールフラワー
華麗なるギャツビー
東ベルリンから来た女
23位15点世界にひとつのプレイブック
名探偵ゴッド・アイ
もうひとりのシェイクスピア
26位14点セデック・バレ 第一部 太陽旗
嘆きのピエタ
欲望のバージニア
29位13点王になった男
ムーンライズ・キングダム
31位12点悪の法則
L.A. ギャング ストーリー
セデック・バレ 第二部 虹の橋
ローマでアモーレ
35位11点おじいちゃんの里帰り
鑑定士と顔のない依頼人
ハンナ・アーレント
ホワイトハウス・ダウン
モンスターズ・ユニバーシティ
40位10点ウォーム・ボディーズ
少女は自転車にのって
低俗喜劇
パリ、ただよう花
フェニックス 約束の歌
45位9点あの頃、君を追いかけた
コールド・ウォー 香港警察 二つの正義
ザ・マスター
殺人の告白
シュガーマン 奇跡に愛された男
ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀
51位8点命ある限り
女朋友。男朋友
グランド・マスター
シュガー・ラッシュ
しわ
総舗師 ― メインシェフへの道
ベルリンファイル
マン・オブ・スティール
59位7点アルゴ
オーガストウォーズ
危険なプロット
激戦
ジャッジ・ドレッド
フライト
ブランカニエベス
マッキー
ムード・インディゴ うたかたの日々
ワイルド・スピード EURO MISSION
69位6点インポッシブル
裏切りのサーカス
キャビン
狂舞派
シャドー・ダンサー
終戦のエンペラー
タイピスト!
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~
パンのココロ
塀の中のジュリアス・シーザー
ホーリー・モーターズ
マリーゴールド・ホテルで会いましょう
81位5点エリジウム
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
怪盗グルーのミニオン危機一発
グランド・イリュージョン
サイド・エフェクト
人生、ブラボー!
スティーブ・ジョブズ
ダイアナ
ペーパーボーイ 真夏の引力
別離
マリリン・モンロー 瞳の中の秘密
ミッドナイト・ガイズ
ランナウェイ/逃亡者
REDリターンズ
わたしはロランス
96位4点アイアンマン3
English Vinglish
エンド・オブ・ホワイトハウス
恋するリベラーチェ
コズモポリス
灼熱の魂
奪命金
パパロッティ
ヒッチコック
ローン・レンジャー
106位3点愛さえあれば
アウトロー
ある愛へと続く旅
アンナ・カレーニナ
イップ・マン 最終章
ゴーストライダー2
2ガンズ
トランス
夏休みの宿題
眠れる美女
拝啓、愛しています
パラノーマン ブライス・ホローの謎
ポーとミーのチャチャ
マイ・マザー
もうひとりの息子
ラストスタンド
LOOPER/ルーパー
レ・ミゼラブル
ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
125位2点ある会社員
ILO ILO
狼たちのノクターン<夜想曲>
オズ はじまりの戦い
女っ気なし
君と歩く世界
96時間/リベンジ
恋の紫煙
恋の紫煙2
最愛の大地
最後のマイ・ウェイ
サニー 永遠の仲間たち
二郎は鮨の夢を見る
トガニ 幼き瞳の告発
ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝
PARKER/パーカー
パッション
フォンターナ広場 イタリアの陰謀
フリア よみがえり少女
マジック・マイク
魔女と呼ばれた少女
燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘
モネ・ゲーム
ルノワール 陽だまりの裸婦
悪いやつら
150位1点アルマジロ
海と大陸
映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて
カルテット!人生のオペラハウス
キャリー
スーサイド・ショップ
スタンリーのお弁当箱
セッションズ
ダイ・ハード/ラスト・デイ
NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ
バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち
47RONIN
ブラッド・ウェポン
ブリングリング
ルビー・スパークス

 アルフォンソ・キュアロン監督作品が1位、ギレルモ・デル・トロ監督作品が2位と、ついにスリーアミーゴスの時代がやって来たというのが率直な感想でした。
 そして全体を通して感じたのは、インド・台湾・韓国といったアジア映画が数多く選ばれていたのも、ある意味「時代」なのかも知れませんね。

外国映画監督賞

1位9票アルフォンソ・キュアロン「ゼロ・グラビティ」
2位4票ギレルモ・デル・トロ「パシフィック・リム」
3位2票ウェイ・ダーション「セデック・バレ 第一部 太陽旗」「セデック・バレ 第二部 虹の橋」
グザヴィエ・ドラン「わたしはロランス」
ポール・グリーングラス「キャプテン・フィリップス」
ミヒャエル・ハネケ「愛、アムール」
ラージクマール・ヒラニ「きっと、うまくいく」
8位1票アスガー・ファルハディ「別離」
アン・リー「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
アンジェリーナ・ジョリー「最愛の大地」
ウォン・カーウァイ「グランド・マスター」
北村龍平「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」
クリスティアン・ペツォールト「東ベルリンから来た女」
ジェームズ・ワン「死霊館」
ジュゼッペ・トルナトーレ「鑑定士と顔のない依頼人」
スティーヴン・ソダーバーグ「恋するリベラーチェ」
チェン・ユーシュン「総舗師 ― メインシェフへの道」
チョン・ビョンギル「殺人の告白」
テレンス・マリック「トゥ・ザ・ワンダー」
トマス・ヴィンターベア「偽りなき者」
ナム・テクス「フェニックス 約束の歌」
ハイファ・アル=マンスール「少女は自転車にのって」
パン・ホーチョン「低俗喜劇」
フィリップ・カデルバッハ「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀」
ブライアン・ヘルゲランド「42~世界を変えた男~」
ポール・アンドリュー・ウィリアムズ「アンコール!!」
ミシェル・ゴンドリー「ムード・インディゴ うたかたの日々」
ラナ・ウォシャウスキー 、トム・ティクヴァ 、アンディ・ウォシャウスキー「クラウド アトラス」
リズ・ガーバス「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」
ロウ・イエ「パリ、ただよう花」

 作品賞で激しく争った「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロンと「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロがここでも1位と2位。作品賞の順番通りではありますが、ギレルモ・デル・トロに倍以上の差をつけて、アルフォンソ・キュアロンが初受賞しました。
  第71回ゴールデン・グローブ賞で監督賞を受賞。第86回アカデミー賞でも監督賞にノミネートされており、その結果が気になるところです。

外国映画主演男優賞

1位6票トム・ハンクス「キャプテン・フィリップス」
2位3票チャニング・テイタム「ホワイトハウス・ダウン」「マジック・マイク」
3位2票アーノルド・シュワルツェネッガー「ラストスタンド」
ダニエル・デイ=ルイス「リンカーン」
マッツ・ミケルセン「偽りなき者」
6位1票アーミル・カーン「きっと、うまくいく」
アシュトン・カッチャー「スティーブ・ジョブズ」
アンソニー・ホプキンス「ヒッチコック」
アンディ・ラウ「名探偵ゴッド・アイ」
カルロス・アレセス「気狂いピエロの決闘」
ゲイリー・オールドマン「裏切りのサーカス」
ジェイソン・ステイサム「PARKER/パーカー」
ジェイミー・フォックス「ジャンゴ 繋がれざる者」
ジェラルド・バトラー「エンド・オブ・ホワイトハウス」
ジョージ・クルーニー「ゼロ・グラビティ」
ジョセフ・チャン「女朋友。男朋友」
ジョニー・デップ「ローン・レンジャー」
スラージ・シャルマ「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
セス・マクファーレン「テッド」
チェ・ミンシク「悪いやつら」
チャドウィック・ボーズマン「42~世界を変えた男~」
デイン・デハーン「クロニクル」
テレンス・スタンプ「アンコール!!」
ドニ・ラヴァン「ホーリー・モーターズ」
トニー・レオン「グランド・マスター」
トム・クルーズ「アウトロー」「オブリビオン」
フィリップ・シーモア・ホフマン「25年目の弦楽四重奏」
マーク・ウォールバーグ「テッド」
マイケル・ダグラス「恋するリベラーチェ」
マット・デイモン「エリジウム」
ラジニカーント「ボス その男シヴァージ」
リン・チンタイ「セデック・バレ 第二部 虹の橋」
レオナルド・ディカプリオ「華麗なるギャツビー」
レック・イット・ラルフ「シュガー・ラッシュ」
ローガン・ラーマン「ウォールフラワー」

 今回の主演男優賞は、鬼気迫る圧倒的な演技力みせてくれたトム・ハンクスが6票をあつめ初受賞となりました。
 また、過去の経験である男性ストリッパー役や、警察官など、体当たりの演技が評価されチャニング・テイタムが2位となりました。

外国映画主演女優賞

1位13票サンドラ・ブロック「ゼロ・グラビティ」
2位3票エマニュエル・リヴァ「愛、アムール」
ジェシカ・チャステイン「ゼロ・ダーク・サーティ」
デボラ・フランソワ「タイピスト!」
5位2票クロエ・グレース・モレッツ「キャリー」
ジェニファー・ローレンス「世界にひとつのプレイブック」「ハンガー・ゲーム2」
ナオミ・ワッツ「インポッシブル」「ダイアナ」
バルバラ・スコヴァ「ハンナ・アーレント」
9位1票アンドレア・ライズブロー「シャドー・ダンサー」
ヴァネッサ・レッドグレーヴ「アンコール!!」
エリザベス・オルセン「マーサ、あるいはマーシー・メイ」
キーラ・ナイトレイ「アンナ・カレーニナ」
サミー・チェン「名探偵ゴッド・アイ」
ディニー・イップ「桃(タオ)さんのしあわせ」
ニコール・キッドマン「ペーパーボーイ 真夏の引力」
ペネロペ・クルス「ある愛へと続く旅」
ホアン・ペイジア「ポーとミーのチャチャ」
ミリアム・ヨン「恋の紫煙」「恋の紫煙2」
リン・メイシュウ「総舗師 ― メインシェフへの道」
ルーニー・マーラ「サイド・エフェクト」
レイチェル・マクアダムス「パッション」
レイラ・ハタミ「別離」

 異次元の映画とも評されている「ゼロ・グラビティ」のサンドラ・ブロックが、2位を大きく引き離しました。
 従来はどちらかというとラブコメのイメージが強かったですが、本作ではほとんど一人芝居に近い役柄をみごとにこなしたことが、文句なしの評価を受けたのでしょう。
 次点は地味な公開ながらも一部で高い評価を受けた「愛、アムール」のエマニュエル・リヴァでした。

外国映画助演男優賞

1位4票ジョージ・クルーニー「ゼロ・グラビティ」
2位3票クリストフ・ヴァルツ「ジャンゴ 繋がれざる者」
ベネディクト・カンバーバッチ「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
マシュー・マコノヒー「ペーパーボーイ 真夏の引力」「マジック・マイク」
レオナルド・ディカプリオ「華麗なるギャツビー」「ジャンゴ 繋がれざる者」
6位2票トミー・リー・ジョーンズ「終戦のエンペラー」「リンカーン」
7位1票アラン・リックマン「モネ・ゲーム」
イ・ビョンホン「G.I.ジョー バック2リベンジ」「REDリターンズ」
石頭「ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロー?」「星空」
イドリス・エルバ「パシフィック・リム」
真田広之「ウルヴァリン:SAMURAI」「47RONIN」
サミュエル・L・ジャクソン「ジャンゴ 繋がれざる者」
サム・J・ジョーンズ「テッド」
シャールト・コプリー「エリジウム」
ジャン・レノ「シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」
陳天文 「ILO ILO」
テッド「テッド」
パク・シフ「殺人の告白」
ハリソン・フォード「42~世界を変えた男~」
フィリップ・シーモア・ホフマン「ザ・マスター」
ブルース・ウィリス「LOOPER/ルーパー」
マイケル・ダグラス「恋するリベラーチェ」
マット・デイモン「恋するリベラーチェ」
ヤヤン・ルヒアン「ザ・レイド」
ライアン・ゴズリング「L.A. ギャング ストーリー」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」
リュ・スンボム「ベルリンファイル」
リュ・スンリョン「王になった男」
ロナルト・ツェアフェルト「東ベルリンから来た女」

 こちらも「ゼロ・グラビティ」関連のジョージ・クルーニーが1位を獲得しました。
 「ゼロ・グラビティ」は、作品賞・監督賞・主演女優賞・ベストインパクト賞そして本賞と5賞に関連しています。
 また「ジャンゴ 繋がれざる者」から3名が本賞にランクインされているのが面白いところ。脇役までていねいに描かれていたことが評価されたのでしょう。

外国映画助演女優賞

◎が助演女優賞受賞者です(後記参照)。
1位2票芦田愛菜「パシフィック・リム」 ◎
菊地凛子「パシフィック・リム」「47RONIN」 ◎
ジェシカ・チャステイン「欲望のバージニア」 ◎
ニコール・キッドマン「イノセント・ガーデン」「ペーパーボーイ 真夏の引力」 ◎
オリヴィア・サールビー「ジャッジ・ドレッド」
ペ・ドゥナ「クラウド アトラス」
ヘレン・ミレン「ヒッチコック」「REDリターンズ」
マギー・スミス「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」
9位1票アン・ハサウェイ「レ・ミゼラブル」
アンヌ・ドルヴァル「マイマザー」
アンチュ・トラウェ「マン・オブ・スティール」
アンドレア・ライズブロー「オブリビオン」
ヴァネロペ・フォン・シュウィーツ「シュガー・ラッシュ」
エイミー・アダムス「マン・オブ・スティール」
エマニュエル・リヴァ「愛、アムール」
カルホーン軍曹「シュガー・ラッシュ」
キャサリン・ゼタ・ジョーンズ「サイド・エフェクト」「REDリターンズ」
キャメロン・ディアス「悪の法則」
グウィネス・パルトロウ「アイアンマン3」
ケリー・ワシントン「ジャンゴ 繋がれざる者」
ジーナ・カラーノ「ワイルド・スピード EURO MISSION」
ジェニファー・ローレンス「世界にひとつのプレイブック」
ジャネット・マクティア「アルバート氏の人生」「ハンナ・アーレント」
ジョーイ・キング「ホワイトハウス・ダウン」
ソー・ハンシュン「奪命金」
ゾーイ・カザン「ルビー・スパークス」
ダイアナ・アグロン「マラヴィータ」
チャオ・タオ「ある海辺の詩人 -小さなヴェニスで-」
トリーヌ・ディルホム「愛さえあれば」
ミシェル・チェン「あの頃、君を追いかけた」
ルブナ・アザバル「灼熱の魂」
レイチェル・マクアダムズ「パッション」

お詫びとお断り
 今回は票が分散してしまい、最高得票が2票でしかもなんと8名が獲得する結果となりました。
 このような事態に鑑みスタッフで対応を検討した結果、当賞授賞について以下の基準で上位4名を選出することとしました。
 すなわち、まずはベストインパクト賞の上位者を優先し、同賞同率の場合は出演作の作品賞順位の上位の方へ授賞することとしたものです。
 ベストインパクト賞の得票は、ジェシカ・チャスティン5票、芦田愛菜4票、ニコール・キッドマン3票です。
 残り5名は同賞同率2票ですが、出演作品が作品賞2位を獲得した「パシフィック・リム」に出演している菊地凛子を加えた4名としたものです。
 上位4名としたのは、過去に同一賞4名の実績があるところから決定したものです(2000年度の洋画部門監督賞)。
 8名全員へ授賞することも検討しましたが、あまりに人数が多すぎることからこのような対応としたものです。
 本ルールは「投票方法」に明記しておらず臨時の措置ですが、上記の事情を鑑みご了解いただくようお願いいたします。(文中敬称略)

外国映画ニューフェイスブレイク賞

1位5票スラージ・シャルマ「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
2位3票クヮヴェンジャネ・ウォレス「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」
ジョーイ・キング「ホワイトハウス・ダウン」
デイン・デハーン「クロニクル」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」「欲望のバージニア」
5位2票芦田愛菜「パシフィック・リム」
ダイアナ・アグロン「マラヴィータ」
7位1票アレックス・ラッセル「クロニクル」
エルンスト・ウンハウアー「危険なプロット」
グザヴィエ・ドラン「マイマザー」
ゾーイ・カザン「ルビー・スパークス」
TAO「ウルヴァリン:SAMURAI」
ダダ・チャン「低俗喜劇」
チャドウィック・ボーズマン「42~世界を変えた男~」
くまのテッド「テッド」
トム・ホランド「インポッシブル」
ナン子ちゃん「にっかつインド映画宣伝用ユルキャラ」
初音映莉子「終戦のエンペラー」
フィリッポ・プチッロ「海と大陸」
ヤスナ・フリッツィ・バウアー「東ベルリンから来た女」
ヤン・ミー「妖魔伝 レザレクション」「レジェンド・オブ・トレジャー 大武当(だいぶとう) 失われた七つの秘宝」
ラシェル・ムワンザ「魔女と呼ばれた少女」
ラファエル・ペルソナーズ「黒いスーツを着た男」
リアム・ヘムズワース「ハンガー・ゲーム2」
リン・チンタイ「セデック・バレ 第二部 虹の橋」

 演技経験なしでオーディションで選ばれたという、「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」のスラージ・シャルマが栄冠に輝きました。
 「パシフィック・リム」でハリウッド・デビューを果たした芦田愛菜さんは5位、来日時に芦田愛菜さんと「日米天才子役対決」ともてはやされたクヮヴェンジャネ・ウォレスは2位でした。

外国映画音楽賞

1位4票「ジャンゴ 繋がれざる者」
2位3票「最後のマイ・ウェイ」
3位2票「アンコール!!」
「オブリビオン」
「華麗なるギャツビー」
「シュガーマン 奇跡に愛された男」
「25年目の弦楽四重奏」
「パシフィック・リム」
9位1票「ウォールフラワー」
「きっと、うまくいく」
「自由と壁とヒップホップ」
「スーサイド・ショップ」
「セデック・バレ 第二部 虹の橋」
「ゼロ・グラビティ」
「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」
「欲望のバージニア」
「楽園の瑕(きず) 終極版」
「レ・ミゼラブル」
「ローン・レンジャー」

 音楽映画がそのまま選ばれている中、選曲センスに定評のあるクエンティン・タランティーノ作品が1位に選ばれたのは、映画音楽というものをいかにこの監督が理解されているかの証なのでしょう。
 ただ残念だったのは無投票が20票もあったこと。
 みなさん、もっと映画音楽に注目して!

外国映画思い入れ作品賞

総得点を投票者数で割った一人あたりの平均得点(思い入れ度)ランキングです。(5票以上限定)
1位5.800 (29/5)42~世界を変えた男~
2位5.333 (32/6)クラウド アトラス
3位4.875 (39/8)テッド
4位4.850 (97/20)ゼロ・グラビティ
5位4.579 (87/19)パシフィック・リム
6位4.143 (58/14)きっと、うまくいく
7位4.000 (28/7)愛、アムール
8位3.462 (45/13)ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
9位3.333 (20/6)イノセント・ガーデン
10位3.300 (33/10)ゼロ・ダーク・サーティ
11位3.250 (26/8)リンカーン
12位3.154 (41/13)ジャンゴ 繋がれざる者
13位3.000 (24/8)スター・トレック イントゥ・ダークネス
14位3.000 (18/6)クロニクル
15位2.714 (19/7)オブリビオン
16位2.667 (16/6)華麗なるギャツビー
17位2.556 (23/9)キャプテン・フィリップス
18位1.833 (11/6)鑑定士と顔のない依頼人

 野球ものは不思議とヒットしない……。ハリウッドにおけるジンクスの一つですが、1位「42~世界を変えた男~」はそれを覆すヒットを飛ばし、本国アメリカでは野球映画として史上初のオープニング興行収入記録を塗り替え、さらに日本では当賞まで獲得しました。いまだに根強く残る人種差別問題を正面から扱い感動を呼んだからでしょう。

 他賞と比較した日本インターネット映画大賞の特徴として、脚本にさまざまな工夫を施すトリッキーな作品が高く評価される傾向が見受けられます。2位の「クラウド アトラス」はそういった点でいかにも"日本インターネット映画大賞このみ"といった感が強い、種や仕掛けだらけの作品でした。オムニバスで主役級の俳優女優さんたちがとっかえひっかえさまざま役をこなすところは、輪廻転生というだけでなく、ある意味非常に贅沢な学芸会を観ている感がします。このように「マトリックス」の監督が中心となって作られた野心的な作品であったことから、一部のファンに高い支持をされたのでしょう。
 3位は大方のヒンシュクを買った? 「テッド」がランクイン。かわいいテディベアと、その口から次々に繰り出される下品な毒舌や下ネタの数々が、みごとなミスマッチを奏でていたからでしょう。

外国映画ベストインパクト賞

(5位以上限定)
1位13票サンドラ・ブロック
2位9票アルフォンソ・キュアロン
3位6票スラージ・シャルマ
トム・ハンクス
5位5票ジェシカ・チャステイン
ジョージ・クルーニー

 ベスト5中、なんと3名が「ゼロ・グラビティ」関連で占めました。
 登場人物の少ない映画であるため、実質的に監督と全キャストがランクインされたことになります。

外国映画投票者数ランキング

得点に関係なく、投票者数だけで決定するランキングです。
1位20人ゼロ・グラビティ
2位19人パシフィック・リム
3位14人きっと、うまくいく
4位13人ジャンゴ 繋がれざる者
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
6位10人ゼロ・ダーク・サーティ
7位9人キャプテン・フィリップス
8位8人スター・トレック イントゥ・ダークネス
テッド
リンカーン
11位7人オブリビオン
愛、アムール
13位6人イノセント・ガーデン
クラウド アトラス
クロニクル
華麗なるギャツビー
鑑定士と顔のない依頼人
18位5人42~世界を変えた男~
19位4人25年目の弦楽四重奏
L.A. ギャング ストーリー
ウォーム・ボディーズ
ウォールフラワー
コールド・ウォー 香港警察 二つの正義
ホワイトハウス・ダウン
ムーンライズ・キングダム
もうひとりのシェイクスピア
偽りなき者
世界にひとつのプレイブック
嘆きのピエタ
東ベルリンから来た女
31位3人あの頃、君を追いかけた
アンコール!!
セデック・バレ 第一部 太陽旗
セデック・バレ 第二部 虹の橋
タイピスト!
ハンナ・アーレント
フライト
ホーリー・モーターズ
マン・オブ・スティール
ローマでアモーレ
王になった男
危険なプロット
終戦のエンペラー
奪命金
欲望のバージニア
46位2人REDリターンズ
アイアンマン3
アルゴ
ある愛へと続く旅
インポッシブル
エリジウム
エンド・オブ・ホワイトハウス
オーガストウォーズ
おじいちゃんの里帰り
キャビン
グランド・マスター
コズモポリス
ザ・マスター
サイド・エフェクト
ジャッジ・ドレッド
シュガー・ラッシュ
シュガーマン 奇跡に愛された男
しわ
トランス
ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~
ヒッチコック
ペーパーボーイ 真夏の引力
ベルリンファイル
マイ・マザー
マッキー
マリーゴールド・ホテルで会いましょう
ミッドナイト・ガイズ
ムード・インディゴ うたかたの日々
もうひとりの息子
モンスターズ・ユニバーシティ
ラストスタンド
レ・ミゼラブル
ワイルド・スピード EURO MISSION
愛さえあれば
悪の法則
激戦
殺人の告白
少女は自転車にのって
名探偵ゴッド・アイ
恋するリベラーチェ
86位1人2ガンズ
47RONIN
96時間/リベンジ
English Vinglish
ILO ILO
LOOPER/ルーパー
NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ
PARKER/パーカー
アウトロー
アルマジロ
ある会社員
アンナ・カレーニナ
イップ・マン 最終章
オズ はじまりの戦い
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
カルテット!人生のオペラハウス
キャリー
グランド・イリュージョン
ゴーストライダー2
サニー 永遠の仲間たち
シャドー・ダンサー
スーサイド・ショップ
スタンリーのお弁当箱
スティーブ・ジョブズ
セッションズ
ダイ・ハード/ラスト・デイ
ダイアナ
トガニ 幼き瞳の告発
ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝
バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち
パッション
パパロッティ
パラノーマン ブライス・ホローの謎
パリ、ただよう花
パンのココロ
ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀
フェニックス 約束の歌
フォンターナ広場 イタリアの陰謀
ブラッド・ウェポン
ブランカニエベス
フリア よみがえり少女
ブリングリング
ポーとミーのチャチャ
マジック・マイク
マリリン・モンロー 瞳の中の秘密
モネ・ゲーム
ランナウェイ/逃亡者
ルノワール 陽だまりの裸婦
ルビー・スパークス
ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
ローン・レンジャー
わたしはロランス
悪いやつら
映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて
夏休みの宿題
怪盗グルーのミニオン危機一発
海と大陸
狂舞派
君と歩く世界
最愛の大地
最後のマイ・ウェイ
灼熱の魂
女っ気なし
女朋友。男朋友
人生、ブラボー!
総舗師 ― メインシェフへの道
低俗喜劇
二郎は鮨の夢を見る
燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘
拝啓、愛しています
塀の中のジュリアス・シーザー
別離
魔女と呼ばれた少女
眠れる美女
命ある限り
裏切りのサーカス
恋の紫煙
恋の紫煙2
狼たちのノクターン<夜想曲>
日本インターネット映画大賞について | ©Copyright 日本インターネット映画大賞運営委員会 All Right Reserved.