日本インターネット映画大賞

第20回(2015年)日本インターネット映画大賞結果

日本映画部門
外国映画部門
  • 作品賞(ベストテン)
    1位72点スター・ウォーズ/フォースの覚醒
    2位64点マッドマックス 怒りのデス・ロード
    3位54点バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
    4位52点セッション
    5位44点KANO ~1931海の向こうの甲子園~
    キングスマン
    7位40点アメリカン・スナイパー
    8位32点007 スペクター
    9位26点イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
    10位24点はじまりのうた
  • 監督賞5票
    • ジョージ・ミラー
      「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
  • 主演男優賞6票
    • マイケル・キートン
      「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
  • 主演女優賞5票
    • シャーリーズ・セロン
      「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
    • ヘレン・ミレン
      「黄金のアデーレ 名画の帰還」
  • 助演男優賞7票
    • J・K・シモンズ
      「セッション」
  • 助演女優賞3票
    • エマ・ストーン
      「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
    • レベル・ウィルソン
      「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」「ピッチ・パーフェクト」「ピッチ・パーフェクト2」
  • ニューフェイスブレイク賞12票
    • デイジー・リドリー
      「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
  • 音楽賞3票
    • 007 スペクター
    • はじまりのうた
  • 思い入れ作品賞5.500点
    • KANO ~1931海の向こうの甲子園~
  • ベストインパクト賞13票
    • デイジー・リドリー
  • 投票者数ランキング15人
    • スター・ウォーズ/フォースの覚醒

日本映画作品賞

有効投票数:38票
1位144点海街diary
2位61点駆込み女と駆出し男
3位51点野火
4位47点あん
5位45点バクマン。
6位40点恋人たち
7位35点日本のいちばん長い日
8位34点俺物語!!
9位31点ソロモンの偽証 前篇・事件
10位30点バケモノの子
11位29点ビリギャル
12位26点ラブ&ピース
13位25点ガールズ&パンツァー 劇場版
14位24点この国の空
15位22点ソロモンの偽証 後篇・裁判
16位21点海難1890
17位18点くちびるに歌を
杉原千畝 スギハラチウネ
予告犯
20位17点心が叫びたがってるんだ。
百円の恋
22位16点きみはいい子
天空の蜂
24位15点ピース オブ ケイク
25位14点アゲイン 28年目の甲子園
イニシエーション・ラブ
岸辺の旅
グラスホッパー
ローリング
30位13点小さき声のカノン
リトル・フォレスト 冬・春
忘れないと誓ったぼくがいた
33位12点映画 暗殺教室
新宿スワン
味園ユニバース
36位11点エイプリルフールズ
お盆の弟
母と暮せば
幕が上がる
40位10点悦楽交差点
娚の一生
トイレのピエタ
図書館戦争 THE LAST MISSION
脳内ポイズンベリー
45位9点戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)
劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 未来篇
47位8点WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT
映画 深夜食堂
龍三と七人の子分たち
50位7点寄生獣 完結編
木屋町DARUMA
白河夜船
名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)
0.5ミリ
私たちのハァハァ
56位6点イザイホウ
ギターマダガスカル
百日紅~Miss HOKUSAI~
ハッピーアワー
歯まん
61位5点KANO ~1931海の向こうの甲子園~
ソレダケ/that's it
HERO
向日葵の丘 1983年・夏
乱死怒町より愛を吐いて
66位4点沖縄 うりずんの雨
群青色の、とおり道
さようなら
滝を見にいく
花とアリス殺人事件
マエストロ!
ルンタ
ロマンス
74位3点愛を積むひと
グッド・ストライプス
GONIN サーガ
シネマ歌舞伎 二人藤娘
先輩と彼女
チョコリエッタ
ハローゼア
みんなの学校
82位2点明烏 あけがらす
アラヤシキの住人たち
犬に名前をつける日
起終点駅 ターミナル
極道大戦争
縄文号とパクール号の航海
戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章
戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!/FILE-02 暗黒奇譚!蛇女の怪
蘇生
ソ満国境 15歳の夏
チベット 天空の英雄 ケサル大王
日本と原発 4年後
繕い裁つ人
ヒロイン失格
迷宮カフェ
楽園追放 -Expelled from Paradise-
リアル鬼ごっこ
99位1点映画 ST赤と白の捜査ファイル
風に立つライオン
劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス
攻殻機動隊 新劇場版
さよなら歌舞伎町
ジヌよさらば ~かむろば村へ~
セシウムと少女
DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~
ハーモニー
徘徊 ママリン87歳の夏
這いよれ!ニャル子さんF

様々な俳優・女優の役者としての魅力を実力派監督が見事にスクリーンに映し出した作品が上位に並んだ2015年。
特に戦後70年という節目の年に、戦争関連作品が順当に上位に食い込む一方で、理不尽な社会や平和な日常を描くことで間接的に平和な現代の有難さを痛感させる作品が目立ったことは、みなさんが様々な映画を見ることで改めて平和の意味を考えるいい機会に恵まれたということではないでしょうか。
そういう意味では日常の大切さと4人の女優を本当の姉妹のように描いた『海街diary』がダントツの1位に輝いたことは必然であったように思われます。

日本映画監督賞

1位9票是枝裕和「海街diary」
2位5票原田眞人「駆込み女と駆出し男」「日本のいちばん長い日」
3位3票成島出「ソロモンの偽証 前篇・事件」「ソロモンの偽証 後篇・裁判」
橋口亮輔「恋人たち」
5位2票大崎章「お盆の弟」
河瀬直美「あん」
堤幸彦「悼む人」「イニシエーション・ラブ」「天空の蜂」
8位1票大根仁「バクマン。」
鎌仲ひとみ「小さき声のカノン」
河合勇人「俺物語!!」
榊英雄「木屋町DARUMA」
白石晃士「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章」
園子温「ラブ&ピース」
田口トモロヲ「ピース オブ ケイク」
塚本晋也「野火」
土井裕泰「ビリギャル」
中村義洋「予告犯」
松居大悟「私たちのハァハァ」
松永大司「トイレのピエタ」
水島努「ガールズ&パンツァー 劇場版」

作品賞でも1位を獲得した「海街diary」の是枝監督が、監督賞にも選ばれました。
2013年度に「そして父になる」で受賞されて以来、2年ぶり2回目の受賞です。
新しい作品が作られるたびに期待感が裏切られないこと、日常的なことを切り取っているあたりまえなシーンなのに心に響いてくる情景の描き方に、多くの共感を得たのでしょう。

日本映画主演男優賞

1位8票鈴木亮平「俺物語!!」
2位5票大泉洋「駆込み女と駆出し男」
3位3票綾野剛「新宿スワン」
高良健吾「悼む人」「きみはいい子」
渋谷すばる「味園ユニバース」
永瀬正敏「あん」
7位2票塚本晋也「野火」
8位1票生田斗真「グラスホッパー」
内野聖陽「海難1890」「罪の余白」
唐沢寿明「杉原千畝 スギハラチウネ」
川瀬陽太「ローリング」
菅田将暉「チョコリエッタ」
染谷将太「寄生獣 完結編」
豊川悦司「娚の一生」
中井貴一「アゲイン 28年目の甲子園」
長谷川博己「ラブ&ピース」
藤原竜也「探検隊の栄光」
役所広司「日本のいちばん長い日」

2013年も「HK/変態仮面」の演技が高く評価された鈴木亮平さんが「俺物語!!」 で主演男優賞を受賞しました。
短期間で数十キロの増減量や筋肉までデザインするストイックな役作りと情感込めた演技が観客に伝わった結果といえるでしょう。
大泉洋さん、綾野剛さん、高良健吾さんら、この賞では常連の方々の顔が並ぶ中、本年は作品・監督としても高く評価された塚本晋也さんが俳優としても評を取っています。

日本映画主演女優賞

1位8票樹木希林「あん」
2位5票戸田恵梨香「エイプリルフールズ」「駆込み女と駆出し男」
3位4票綾瀬はるか「海街diary」
安藤サクラ「百円の恋」「0.5ミリ」
藤野涼子「ソロモンの偽証 前篇・事件」「ソロモンの偽証 後篇・裁判」
6位3票二階堂ふみ「この国の空」「味園ユニバース」
7位2票真木よう子「脳内ポイズンベリー」
8位1票有村架純「ビリギャル」
大島優子「ロマンス」
杉咲花「トイレのピエタ」
多部未華子「ピース オブ ケイク」
常盤貴子「向日葵の丘 1983年・夏」
中谷美紀「繕い裁つ人」
広瀬すず「海街diary」
古川いおり「悦楽交差点」
前田敦子「イニシエーション・ラブ」
森川葵「おんなのこきらい」

作品賞でも高い評価を得た「あん」で、作品そのものの風景のように佇む存在感の樹木希林さんが、2008年度に助演女優賞を受賞されて以来、7年ぶり2度目の受賞です。
2015年は4本の映画に出演し、作品ごとに違う顔を見せた戸田恵梨香さんが2位に入りました。
「ソロモンの偽証 前・後篇」で女優デビューし、ニューフェイスブレイク賞・ベストインパクト賞でも次点で健闘した藤野涼子さんが3位入賞。
思春期の少女の揺らぐ気持ちと正義のアンバランスさを表現した繊細な演技の結果。今後の活躍が楽しみです。

日本映画助演男優賞

1位9票本木雅弘「天空の蜂」「日本のいちばん長い日」
2位4票リリー・フランキー「海街diary」「極道大戦争」「トイレのピエタ」「野火」「バクマン。」
3位3票坂口健太郎「at Home アットホーム」「俺物語!!」「ヒロイン失格」
4位2票長谷川博己「劇場版 MOZU」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」「ラブ&ピース」
5位1票浅野忠信「グラスホッパー」
阿部サダヲ「寄生獣 完結編」
伊藤淳史「ビリギャル」
柄本明「愛を積むひと」
大倉孝二「ロマンス」
神木隆之介「脳内ポイズンベリー」
津川雅彦「0.5ミリ」
堤真一「駆込み女と駆出し男」
中尾彬「龍三と七人の子分たち」
永瀬正敏「さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~」
成河「脳内ポイズンベリー」
西田聖志郎「六月燈の三姉妹」
西田敏行「マエストロ!」
松坂桃李「ピース オブ ケイク」
光石研「お盆の弟」
村上淳「グラスホッパー」「新宿スワン」
森田甘路「イニシエーション・ラブ」
安田顕「龍三と七人の子分たち」
山田孝之「新宿スワン」
山田涼介「グラスホッパー」

第58回ブルーリボン賞を受賞した本木雅弘さんが、本賞でも見事に助演男優賞を受賞されました。
2008年に「おくりびと」で主演男優賞を受賞以来、7年ぶり2回目の受賞です。
奇しくも、前回・今回とも姑の樹木希林さんとのダブル受賞。しかも主演・助演のたすき掛け受賞というのも面白いところです。

日本映画助演女優賞

1位5票池脇千鶴「きみはいい子」「そこのみにて光輝く」
2位3票夏帆「海街diary」
樹木希林「海街diary」「駆込み女と駆出し男」
黒木華「ソロモンの偽証 前篇・事件」「ソロモンの偽証 後篇・裁判」「繕い裁つ人」「母と暮せば」「幕が上がる」
満島ひかり「駆込み女と駆出し男」
6位2票大竹しのぶ「海街diary」
杉咲花「トイレのピエタ」
長澤まさみ「海街diary」
吉田羊「心が叫びたがってるんだ。」「脳内ポイズンベリー」「ビリギャル」
10位1票蒼井優「岸辺の旅」
市原悦子「あん」
おのののか「呪怨 ?ザ・ファイナル?」
木村文乃「イニシエーション・ラブ」「くちびるに歌を」「ピース オブ ケイク」
工藤夕貴「この国の空」
恒松祐里「くちびるに歌を」
戸田恵梨香「駆込み女と駆出し男」
永野芽郁「俺物語!!」
夏川結衣「海難1890」
二階堂ふみ「ジヌよさらば ~かむろば村へ~」
広瀬すず「海街diary」
深津絵里「寄生獣 完結編」
松岡茉優「リトル・フォレスト 冬・春」
渡辺真起子「お盆の弟」

昨年度「そこのみにて光輝く」で主演・助演両女優賞部門で高い評価を受けたものの、残念ながら受賞には至らなかった池脇千鶴さんが、今年度は「きみはいい子」で見事に雪辱を果たされました。
作品としては票が伸び悩んだものの、女優としてこれだけ高く評価されたのは、やはり演技力が買われたでしょう。
なお池脇千鶴さんは、1999年度に「大坂物語」で新人賞(当時)を受賞されて以来、16年ぶり2度目の受賞となります。

日本映画ニューフェイスブレイク賞

1位15票広瀬すず「海街diary」
2位9票藤野涼子「ソロモンの偽証 前篇・事件」「ソロモンの偽証 後篇・裁判」
3位1票内田伽羅「あん」
黒島結菜「at Home アットホーム」「ストレイヤーズ・クロニクル」
坂口健太郎「at Home アットホーム」「海街diary」「娚の一生」「俺物語!!」「ヒロイン失格」「予告犯」
下田翔大「くちびるに歌を」
土屋太鳳「orange?オレンジ?」
トリンドル玲奈「リアル鬼ごっこ」
永野芽郁「俺物語!!」
成嶋瞳子「恋人たち」
森田甘路「イニシエーション・ラブ」
山田涼介「グラスホッパー」
吉岡里帆「明烏 あけがらす」
吉田羊「脳内ポイズンベリー」
吉本実憂「罪の余白」

予想どおり上位2名の一騎打ちとなりましたが、結果は広瀬すずさんに軍配が上がりました。 「海街diary」でしっかりものの末妹を見事に演じ高く評価されたのでしょう。

日本映画音楽賞

1位5票「くちびるに歌を」
2位4票「味園ユニバース」
3位3票「ラブ&ピース」
4位2票「イニシエーション・ラブ」
「バケモノの子」
「マエストロ!」
7位1票「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」
「映画 深夜食堂」
「ガールズ&パンツァー 劇場版」
「駆込み女と駆出し男」
「劇場版 MOZU」
「心が叫びたがってるんだ。」
「さようなら」
「白河夜船」
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」
「母と暮せば」
「ハローゼア」
「ピース オブ ケイク」
「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」

洋邦問わず音楽映画が豊富だった2015年を象徴するかのように音楽映画に票が集中しましたが、興味深いのは学生など人生に迷う若い世代を扱った音楽映画であること。
やはりいつの時代も迷える人の背中を押すのは音楽であり、それをより心に響かせるのが映画であると再確認出来る結果でした。
ただ無投票が一番多かったのは残念。みなさん、もっと映画音楽に興味を持って!

日本映画思い入れ作品賞

総得点を投票者数で割った一人あたりの平均得点(思い入れ度)ランキングです。(5票以上限定)
1位5.538 (144/26)海街diary
2位5.200 (26/5)ラブ&ピース
3位5.083 (61/12)駆込み女と駆出し男
4位5.000 (35/7)日本のいちばん長い日
5位4.857 (34/7)俺物語!!
6位4.636 (51/11)野火
7位4.200 (21/5)海難1890
8位4.000 (40/10)恋人たち
9位3.917 (47/12)あん
10位3.875 (31/8)ソロモンの偽証 前篇・事件
11位3.750 (45/12)バクマン。
12位3.625 (29/8)ビリギャル
13位3.600 (18/5)くちびるに歌を
14位3.429 (24/7)この国の空
15位3.143 (22/7)ソロモンの偽証 後篇・裁判
16位3.000 (30/10)バケモノの子
17位3.000 (15/5)ピース オブ ケイク
18位2.667 (16/6)きみはいい子
19位2.400 (12/5)新宿スワン
(12/5)味園ユニバース
21位2.333 (14/6)岸辺の旅

「海街diary」が作品賞、獲得賞に続き、思い入れ作品賞でも圧倒的な評価を得て受賞しました。
これだけの票数と得点を得て思い入れ作品賞と同時受賞する作品は2010年度第15回の「告白」以来となります。それだけ多くの方が海街diaryという作品を評価し思い入れある作品として鑑賞されたのだと思います。
2位には作品賞ベスト10入りは逃しましたが「ラブ&ピース」が入り園子温監督作品の評価の高さを証明した結果だと思います。
3位以下で作品賞ベスト10を逃した作品では「海難1890」が7位に入り日本とトルコの115年続く助け合いの歴史を私たちに教えてくれた作品としてノミネートされました。

日本映画ベストインパクト賞

(10位以上限定)
1位15票広瀬すず
2位11票藤野涼子
3位10票樹木希林
4位9票是枝裕和
本木雅弘
6位8票鈴木亮平
7位5票池脇千鶴
大泉洋
戸田恵梨香
原田眞人

広瀬すずさんが圧倒的な支持を受けてベストインパクト賞を獲得しました。「海街diary」での演技で多くの人に圧倒的なインパクトを残したという事になると思います。
2位にはニューフェイスブレイク賞で争った藤野涼子さんが入りました。藤野さんは主演女優賞でも3位になるなど映画デビュー作初主演で両部門で上位にノミネートした方は近年では珍しく「ソロモンの偽証」シリーズの演技がそれだけ大きなインパクトを残したという事だと思います。
3位以下は各部門賞を受賞された方が入りましたが今年は例年以上に2部門への投票が多く、広瀬すずさは主演、助演女優賞、藤野涼子さんは主演女優賞に2部門同時投票されました。

日本映画投票者数ランキング

得点に関係なく、投票者数だけで決定するランキングです。
1位26人海街diary
2位12人あん
駆込み女と駆出し男
バクマン。
5位11人野火
6位10人恋人たち
バケモノの子
8位8人ソロモンの偽証 前篇・事件
ビリギャル
10位7人俺物語!!
この国の空
ソロモンの偽証 後篇・裁判
日本のいちばん長い日
14位6人岸辺の旅
きみはいい子
16位5人海難1890
くちびるに歌を
新宿スワン
ピース オブ ケイク
味園ユニバース
ラブ&ピース
22位4人アゲイン 28年目の甲子園
ガールズ&パンツァー 劇場版
グラスホッパー
杉原千畝 スギハラチウネ
百円の恋
幕が上がる
リトル・フォレスト 冬・春
ローリング
30位3人イニシエーション・ラブ
娚の一生
心が叫びたがってるんだ。
白河夜船
天空の蜂
トイレのピエタ
母と暮せば
HERO
予告犯
忘れないと誓ったぼくがいた
40位2人戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)
映画 暗殺教室
映画 深夜食堂
エイプリルフールズ
お盆の弟
寄生獣 完結編
GONIN サーガ
百日紅~Miss HOKUSAI~
滝を見にいく
小さき声のカノン
図書館戦争 THE LAST MISSION
脳内ポイズンベリー
花とアリス殺人事件
向日葵の丘 1983年・夏
ヒロイン失格
マエストロ!
乱死怒町より愛を吐いて
龍三と七人の子分たち
ロマンス
59位1人愛を積むひと
明烏 あけがらす
アラヤシキの住人たち
イザイホウ
犬に名前をつける日
WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT
映画 ST赤と白の捜査ファイル
悦楽交差点
沖縄 うりずんの雨
風に立つライオン
KANO ~1931海の向こうの甲子園~
起終点駅 ターミナル
ギターマダガスカル
木屋町DARUMA
群青色の、とおり道
グッド・ストライプス
劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 未来篇
劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス
攻殻機動隊 新劇場版
極道大戦争
さようなら
さよなら歌舞伎町
ジヌよさらば ~かむろば村へ~
シネマ歌舞伎 二人藤娘
縄文号とパクール号の航海
セシウムと少女
先輩と彼女
戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章
戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!/FILE-02 暗黒奇譚!蛇女の怪
蘇生
ソレダケ/that's it
ソ満国境 15歳の夏
チベット 天空の英雄 ケサル大王
チョコリエッタ
DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~
日本と原発 4年後
繕い裁つ人
ハーモニー
徘徊 ママリン87歳の夏
這いよれ!ニャル子さんF
ハッピーアワー
歯まん
ハローゼア
みんなの学校
迷宮カフェ
名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)
楽園追放 -Expelled from Paradise-
リアル鬼ごっこ
ルンタ
0.5ミリ
私たちのハァハァ

外国映画作品賞

有効投票数:35票
1位72点スター・ウォーズ/フォースの覚醒
2位64点マッドマックス 怒りのデス・ロード
3位54点バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
4位52点セッション
5位44点KANO ~1931海の向こうの甲子園~
キングスマン
7位40点アメリカン・スナイパー
8位32点007 スペクター
9位26点イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
10位24点はじまりのうた
11位22点ジュラシック・ワールド
12位21点マイ・インターン
13位20点シェフ 三ツ星フードトラック始めました
14位19点黄金のアデーレ 名画の帰還
15位17点ANNIE/アニー
おみおくりの作法
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
18位16点激戦 ハート・オブ・ファイト
プリデスティネーション
20位14点映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~
21位13点エール!
黒衣の刺客
ナイトクローラー
博士と彼女のセオリー
25位12点トラッシュ!?この街が輝く日まで?
フォックスキャッチャー
27位11点あの日の声を探して
草原の実験
29位10点海難1890
クリード チャンプを継ぐ男
ゴーン・ガール
マナカマナ 雲上の巡礼
ワイルド・スピード SKY MISSION
34位9点アクトレス~女たちの舞台~
35位8点インサイド・ヘッド
共犯
幸せのありか
ジョン・ウィック
パレードへようこそ
ヒックとドラゴン2
ベテラン
女神は二度微笑む
6才のボクが、大人になるまで。
44位7点アナと雪の女王/エルサのサプライズ
神々のたそがれ
カンフー・ジャングル
きっと、星のせいじゃない。
ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール
さよなら、人類
妻への家路
雪の轍
私の少女
53位6点傷だらけのふたり
コードネーム U.N.C.L.E.
チャッピー
トゥモローランド
57位5点アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
ヴィンセントが教えてくれたこと
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
君が生きた証
ジュピター
シンデレラ
セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター
ドローン・オブ・ウォー
20歳よ、もう一度
66位4点アメリカン・ドリーマー 理想の代償
犬どろぼう完全計画
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
毛皮のヴィーナス
コングレス未来学会議
裁かれるは善人のみ
サンドラの週末
ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~
シグナル
全力スマッシュ
薄氷の殺人
ビッグ・アイズ
フレンチアルプスで起きたこと
ベルファスト71
ぼくらの家路
Mommy/マミー
誘拐の掟
83位3点アンジェリカの微笑み
ヴィヴィアン・マイヤーを探して
海にかかる霧
ジャッジ 裁かれる判事
シン・シティ 復讐の女神
パパが遺した物語
PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~
ベイマックス
ボーダレス ぼくの船の国境線
ミュータント・タートルズ
リザとキツネと恋する死者たち
94位2点アデライン、100年目の恋
あの日のように抱きしめて
イマジン
エベレスト 3D
エレファント・ソング
サイの季節
ショート・ターム
セシボン
ターミネーター:新起動/ジェニシス
ダムネーション
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
ミルカ
リトルプリンス 星の王子さまと私
わたしはマララ
108位1点アイスマン
悪党に粛清を
イントゥ・ザ・ウッズ
ヴィオレット?ある作家の肖像?
顔のないヒトラーたち
グッド・ライ~いちばん優しい嘘~
群盗
ゴッド・ギャンブラー レジェンド
シャークネード
ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密
パリ3区の遺産相続人
バルフィ! 人生に唄えば
ピッチ・パーフェクト
フェデリコという不思議な存在
無頼漢 渇いた罪
僕たちの家に帰ろう
ミニオンズ
みんなのための資本論
ラスト・ナイツ

復活したシリーズモノに大いに沸いた2015年は、珍しくアカデミー関連作品がブロックバスター作品を抑えて上位を賑わせた結果となりましたが、その中でも上位2作品だけは別格。やはりコアなファンを持つこの2作品だけは他とは熱さが違っていたようですね。
また全体を通してアジア映画に苦戦が見られたのは残念なものの、一方でイギリス映画には秀作が多く、映画好きを満足させてくれる作品が、興行の大小を問わず、選ばれた結果になったのではないでしょうか。

外国映画監督賞

1位5票ジョージ・ミラー「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
2位4票デイミアン・チャゼル「セッション」
3位2票アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
クリント・イーストウッド「アメリカン・スナイパー」
J・J・エイブラムス「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
ダンテ・ラム「クリミナル・アフェア 魔警」「激戦 ハート・オブ・ファイト」
マー・ジーシアン「KANO ~1931海の向こうの甲子園~」
8位1票アレクセイ・ゲルマン「神々のたそがれ」
ウェイ・ダーション「KANO ~1931海の向こうの甲子園~」
オリヴィエ・アサイヤス「アクトレス~女たちの舞台~」
ガイ・リッチー「コードネーム U.N.C.L.E.」
グザヴィエ・ドラン「Mommy/マミー」
コリン・トレヴォロウ「ジュラシック・ワールド」
サム・メンデス「007 スペクター」
ジョン・ファヴロー「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」
ディアオ・イーナン「薄氷の殺人」
ニール・ブロンカンプ「チャッピー」
パン・ホーチョン「アバディーン」
マシュー・ウォーチャス「パレードへようこそ」
マシュー・ヴォーン「キングスマン」
モルテン・ティルドゥム「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
リューベン・オストルンド「フレンチアルプスで起きたこと」

かなり票が分かれましたが、30年の年月を経ての敢えてのこの作風に驚き楽しませてもらった「マッドマックス怒りのデスロード」のジョージ・ミラーが受賞しました。
次点は緊張感が半端ではなかったデイミアン・チャゼルの「セッション」となりました。

外国映画主演男優賞

1位6票マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
2位3票ファン・ジョンミン「傷だらけのふたり」「国際市場で逢いましょう」
ベネディクト・カンバーバッチ「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
4位2票エディ・マーサン「おみおくりの作法」
エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」
ジェイク・ギレンホール「ナイトクローラー」
ブラッドリー・クーパー「アメリカン・スナイパー」
8位1票アーノルド・シュワルツェネッガー「ターミネーター:新起動/ジェニシス」
イーキン・チェン「全力スマッシュ」
キアヌ・リーヴス「ジョン・ウィック」
キム・ユンソク「海にかかる霧」
クライヴ・オーウェン「ラスト・ナイツ」
コリン・ファース「キングスマン」
J・K・シモンズ「セッション」
スティーヴ・カレル「フォックスキャッチャー」
ストーン「百日草」
ダヴィッド・オグロドニック「幸せのありか」
チャドウィック・ボーズマン「ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~」
ニック・チョン「激戦 ハート・オブ・ファイト」
ビル・マーレー「ヴィンセントが教えてくれたこと」
ロバート・デ・ニーロ「マイ・インターン」

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で、セルフパロディのような役柄を演じたマイケル・キートンが当初から本命視されていましたが、ダブルスコアの大差で受賞しました。

外国映画主演女優賞

1位5票シャーリーズ・セロン「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
ヘレン・ミレン「黄金のアデーレ 名画の帰還」
3位3票スー・チー「黒衣の刺客」
4位2票キーラ・ナイトレイ「はじまりのうた」
ジュリエット・ビノシュ「アクトレス~女たちの舞台~」「おやすみなさいを言いたくて」
マリオン・コティヤール「サンドラの週末」
7位1票アンヌ・ドルヴァル「Mommy/マミー」
カルキ・ケクラン「マルガリータで乾杯を!」
クヮヴェンジャネ・ウォレス「ANNIE/アニー」
セーラ・スヌーク「プリデスティネーション」
ダコタ・ジョンソン「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」
デイジー・リドリー「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
フェリシティ・ジョーンズ「博士と彼女のセオリー」
ブリー・ラーソン「ショート・ターム」
ブレイク・ライヴリー「アデライン、100年目の恋」
ぺ・ドゥナ「私の少女」
ヤン・ズーシャン「20歳よ、もう一度」
リース・ウィザースプーン「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」
リリー・ジェームズ「シンデレラ」
ルアンヌ・エメラ「エール!」
ロザムンド・パイク「ゴーン・ガール」

まさしく男性的映画といえる「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の出演女優さんが主演女優賞を受賞されたのは驚きでした。 例年に比べて顔ぶれがやや地味に感じられたこともありますが、それだけ実力が抜きんでていたのでしょう。

外国映画助演男優賞

1位7票J・K・シモンズ「セッション」
2位2票エドワード・ノートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
シルヴェスター・スタローン「クリード チャンプを継ぐ男」
ニコラス・ホルト「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
5位1票アダム・ディヴァイン「ピッチ・パーフェクト2」「マイ・インターン」
アダム・ドライバー「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
アブドゥル・カリム・マムツィエフ「あの日の声を探して」
伊原剛志「ラスト・ナイツ」
エディ・ポン「激戦 ハート・オブ・ファイト」
オリー・アレクサンデル「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」
コリン・ファース「キングスマン」
サイモン・ペッグ「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」
ジョシュ・ハッチャーソン「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」
ジョン・レグイザモ「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」
ニンジャ「チャッピー」
ハリソン・フォード「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
ピエール・コフィン「ミニオンズ」
ヒュー・ジャックマン「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~」
ポール・ジアマッティ「ストレイト・アウタ・コンプトン」
リーヴ・シュレイバー「完全なるチェックメイト」
レイ・スティーヴンソン「トランスポーター イグニション」
ロバート・デ・ニーロ「マイ・インターン」
ロバート・デュヴァル「ジャッジ 裁かれる判事」
ロビン・ウィリアムズ「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」

「セッション」で、狂気を思わせるレッスンぶりを熱演してくれたJ・K・シモンズが、群を抜いての受賞です。

外国映画助演女優賞

1位3票エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
レベル・ウィルソン「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」「ピッチ・パーフェクト」「ピッチ・パーフェクト2」
3位2票クリステン・スチュワート「アクトレス~女たちの舞台~」「アリスのままで」
クロエ・グレース・モレッツ「アクトレス~女たちの舞台~」
ソフィア・ブテラ「キングスマン」
ヨ=ランディ・ヴィッサー「チャッピー」
レネ・ルッソ「ナイトクローラー」
8位1票エヴァ・グリーン「悪党に粛清を」
カイリー・ロジャーズ「パパが遺した物語」
キーラ・ナイトレイ「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
キム・セロン「私の少女」
グイ・ルンメイ「薄氷の殺人」
シャーリーズ・セロン「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
ジュノー・テンプル「午後3時の女たち」
スカーレット・ヨハンソン「her/世界でひとつの彼女」
スザンヌ・クレマン「Mommy/マミー」
タチア・ザイプト「陽だまりハウスでマラソンを」
ディアナ・ダナガン「ヴィジット」
ナオミ・ワッツ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
ビビアン・スー「その夏に抱かれて」
ブライス・ダラス・ハワード「ジュラシック・ワールド」
マリサ・トメイ「Re:LIFE~リライフ~」
ラフィー・キャシディ「トゥモローランド」
レベッカ・ファーガソン「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」と「ピッチ・パーフェクト」シリーズといういわばコメディ系の映画から、助演者が2名受賞しました。 いずれも、アカデミー賞をはじめとする海外のいろいろな映画賞で受賞したりノミネートされたりと、すでに高い評価を得ていますが、日本の映画ファンからも同様に高く評価されたようです。

外国映画ニューフェイスブレイク賞

1位12票デイジー・リドリー「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
2位2票シェイリーン・ウッドリー「きっと、星のせいじゃない。」「ダイバージェントNEO」
セーラ・スヌーク「プリデスティネーション」
タロン・エガートン「キングスマン」
ヨ=ランディ・ヴィッサー「チャッピー」
ラフィー・キャシディ「トゥモローランド」
ルアンヌ・エメラ「エール!」
8位1票アブドゥル・カリム・マムツィエフ「あの日の声を探して」
アリシア・ヴィカンダー「コードネーム U.N.C.L.E.」
アレクサンドラ・ダダリオ「カリフォルニア・ダウン」
イヴォ・ピッツカー「ぼくらの家路」
カイリー・ロジャーズ「パパが遺した物語」
クヮヴェンジャネ・ウォレス「ANNIE/アニー」
チャン・ホエウェン「妻への家路」
BB-8「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
ヤオ・アイニン「共犯」

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のヒロインに抜擢されたデイジー・リドリーが、ダントツの得票で受賞しました。
この映画にオーディションで選ばれたという、まさに新人中の新人。今後の活躍が楽しみです。

外国映画音楽賞

1位3票「007 スペクター」
「はじまりのうた」
3位2票「クリード チャンプを継ぐ男」
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
5位1票「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」
「ANNIE/アニー」
「アメリカン・スナイパー」
「アンジェリカの微笑み」
「121212 ニューヨーク、奇跡のライブ」
「エール!」
「君が生きた証」
「キングスマン」
「コードネーム U.N.C.L.E.」
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
「涙するまで、生きる」
「パーソナル・ソング」
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「パレードへようこそ」
「ピッチ・パーフェクト」
「ピッチ・パーフェクト2」
「ベイマックス」
「リザとキツネと恋する死者たち」

1位には「007 スペクター」と「はじまりのうた」が選ばれました。
「007 スペクター」は007シリーズのおなじみの曲の印象が強かったと思いますし、「はじまりのうた」は劇中で主人公が歌う曲に魅了された結果だと思います。
票は割れてしまいましたがそれだけ幅広い外国映画部門故に多くの作品でそれぞれの投票者の方が音楽で魅了される作品が違ったという事なのかもしれません。

外国映画思い入れ作品賞

総得点を投票者数で割った一人あたりの平均得点(思い入れ度)ランキングです。(5票以上限定)
1位5.500 (44/8)KANO ~1931海の向こうの甲子園~
2位5.200 (52/10)セッション
3位4.923 (64/13)マッドマックス 怒りのデス・ロード
4位4.800 (72/15)スター・ウォーズ/フォースの覚醒
5位4.800 (24/5)はじまりのうた
6位4.571 (32/7)007 スペクター
7位4.154 (54/13)バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
8位3.667 (44/12)キングスマン
9位3.667 (22/6)ジュラシック・ワールド
10位3.333 (40/12)アメリカン・スナイパー
11位3.333 (20/6)シェフ 三ツ星フードトラック始めました
12位3.250 (26/8)イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
13位3.200 (16/5)激戦 ハート・オブ・ファイト
14位2.833 (17/6)ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
15位2.714 (19/7)黄金のアデーレ 名画の帰還
16位2.600 (13/5)博士と彼女のセオリー
17位2.400 (12/5)フォックスキャッチャー
18位2.167 (13/6)ナイトクローラー

「KANO ~1931海の向こうの甲子園~」が見事に思い入れ作品賞を獲得しました。
台湾から日本の甲子園を目指す作品でしたが、それだけかつて台湾が日本の統治下だった時代の出来事を知る機会となった作品であり台湾から甲子園を目指す姿に多くの方が思い入れを持ったのだと思います。
2位以下の多くは作品賞ベスト10入りした作品でしたがそれだけ上位作品が評価される結果となって表れたのだと思います。

外国映画ベストインパクト賞

(10位以上限定)
1位13票デイジー・リドリー
2位8票J・K・シモンズ
3位6票シャーリーズ・セロン
マイケル・キートン
5位5票ジョージ・ミラー
ヘレン・ミレン
7位4票デイミアン・チャゼル
8位3票エマ・ストーン
キーラ・ナイトレイ
スー・チー
セーラ・スヌーク
ファン・ジョンミン
ベネディクト・カンバーバッチ
ヨ=ランディ・ヴィッサー
ラフィー・キャシディ
ルアンヌ・エメラ
レベル・ウィルソン

デイジー・リドリーが圧倒的な支持を集めてベストインパクト賞を受賞致しました。
ニューフェイスブレイク賞と同時受賞となりますが、大人気シリーズ「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」での主演クラスでの出演という事が投票者に大きなインパクトを与えた結果だと思います。
2位以下は各部門賞受賞者が上位となりました。

外国映画投票者数ランキング

得点に関係なく、投票者数だけで決定するランキングです。
1位15人スター・ウォーズ/フォースの覚醒
2位13人バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
マッドマックス 怒りのデス・ロード
4位12人アメリカン・スナイパー
キングスマン
6位10人セッション
7位8人イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
KANO ~1931海の向こうの甲子園~
9位7人黄金のアデーレ 名画の帰還
007 スペクター
11位6人シェフ 三ツ星フードトラック始めました
ジュラシック・ワールド
ナイトクローラー
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
15位5人激戦 ハート・オブ・ファイト
博士と彼女のセオリー
はじまりのうた
フォックスキャッチャー
19位4人あの日の声を探して
カンフー・ジャングル
マイ・インターン
ワイルド・スピード SKY MISSION
23位3人映画ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~
エール!
おみおくりの作法
きっと、星のせいじゃない。
共犯
クリード チャンプを継ぐ男
コードネーム U.N.C.L.E.
ジョン・ウィック
シンデレラ
トラッシュ!?この街が輝く日まで?
プリデスティネーション
雪の轍
35位2人アクトレス~女たちの舞台~
ANNIE/アニー
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
アメリカン・ドリーマー 理想の代償
アンジェリカの微笑み
犬どろぼう完全計画
インサイド・ヘッド
ヴィンセントが教えてくれたこと
海にかかる霧
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
傷だらけのふたり
君が生きた証
黒衣の刺客
ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール
裁かれるは善人のみ
さよなら、人類
シグナル
ジュピター
セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター
全力スマッシュ
草原の実験
ターミネーター:新起動/ジェニシス
チャッピー
妻への家路
ドローン・オブ・ウォー
ヒックとドラゴン2
Mommy/マミー
女神は二度微笑む
6才のボクが、大人になるまで。
64位1人アイスマン
悪党に粛清を
アデライン、100年目の恋
アナと雪の女王/エルサのサプライズ
あの日のように抱きしめて
イマジン
イントゥ・ザ・ウッズ
ヴィヴィアン・マイヤーを探して
ヴィオレット?ある作家の肖像?
エベレスト 3D
エレファント・ソング
海難1890
顔のないヒトラーたち
神々のたそがれ
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
グッド・ライ~いちばん優しい嘘~
群盗
毛皮のヴィーナス
ゴーン・ガール
ゴッド・ギャンブラー レジェンド
コングレス未来学会議
サイの季節
サンドラの週末
幸せのありか
ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~
シャークネード
ジャッジ 裁かれる判事
ショート・ターム
シン・シティ 復讐の女神
セシボン
ダムネーション
トゥモローランド
ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密
薄氷の殺人
20歳よ、もう一度
パパが遺した物語
パリ3区の遺産相続人
バルフィ! 人生に唄えば
パレードへようこそ
PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~
ビッグ・アイズ
ピッチ・パーフェクト
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
フェデリコという不思議な存在
無頼漢 渇いた罪
フレンチアルプスで起きたこと
ベイマックス
ベテラン
ベルファスト71
ボーダレス ぼくの船の国境線
僕たちの家に帰ろう
ぼくらの家路
マナカマナ 雲上の巡礼
ミニオンズ
ミュータント・タートルズ
ミルカ
みんなのための資本論
誘拐の掟
ラスト・ナイツ
リザとキツネと恋する死者たち
リトルプリンス 星の王子さまと私
私の少女
わたしはマララ

日本インターネット映画大賞について | ©Copyright 日本インターネット映画大賞運営委員会 All Right Reserved.